【パラサイト】#2 スマホ│消毒車│全国大会│ピザと上下関係

映画で学ぶ韓国の歴史・社会

Writing by ペコム

映画「パラサイト」、何がそんなにすごいの?

ペコム
ペコム

韓国人ペコムと一緒に映画の中の韓国文化と隠れた意味探し!

「パラサイト」1の雑学辞典の記事では簡単にパルムドールやオスカー賞などなど…

「パラサイト」は色んな賞の受賞作で歴史的な受賞とも言うけど…

「面白かったけど、何がすごいのか分からない」

「社会的な意味は分かるんだけど、こういう映画って多くない?」

「うん、面白かったけど、結末がいきなりおかしかくなった」

ペコム
ペコム

なんて、私の周りではこんな反応も…

もちろん、映画を人よりも多く観ている私だから

「ポンジュノ監督が新ジャンルを開拓した!社会的なメッセージを含んだ“コミック残虐劇”」

これくらいは、うんうんって理解できたよ(^^)v

でも、色んな文化の評論家たちが、そろって大絶賛しているし、「私が観た映画って、そんなにすごかったの?」って質問する人たちに、はっきりと説明するには私もちょっと分からなかった。

色んな情報とレビューを探しても、一番大きな疑問は

ペコム
ペコム

韓国人の私でもよく分からないのに、絶賛している外国人は本当に全部理解しているのかな? (゜_゜)??

映画の中にはかなりの「韓国的」で「韓国人の文化」と

ポンテール」と呼ばれるポンジュノ監督のヒントが隠されているので、この部分を見逃したり、理解出来なかった人達のために、解説していくよ!

芸術性、作品性、そういうのはよく分からなくても、最低限、「同じ部分で笑って、一緒に拍手しよう!」

※注意※

かなりのネタバレを含んでいるので、できれば映画を観てから、読むことをオススメ。(でも読んでから映画を観ても面白いはず!)

ギテク家族がLGのスマホを使っていた理由

映画は半地下の部屋の中から始まる。

そしてすぐにギウのスマホ画面が映し出されるんだけど、このギウのスマホは、2014年上半期に発売された韓国企業LGのG3モデルのもの。

名場面の一つである、半地下のトイレの中でWi-Fiを探すシーンでも、兄弟そろってLGのスマホを使っている。

父・ギテクのスマホもLG、そして家政婦ムングァンのスマホもLGです。

おはる
おはる

2014年頃が舞台の映画?LGのスマホの宣伝のため?

ほら、韓国のドラマの中でよくある、商品をやたらにアピールするPPL(間接広告)ってやつ?

ペコム
ペコム

うーん、違うようだね。

ギテク家族だけがLGのスマホを使っているみたい。他の人はiPhoneだから!

家庭教師のアルバイトを紹介してくれる友達のミンヒョク(パクソジュン)のスマホや

ダヘ(パク家の長女)をはじめとするパク一家の家族はみんなiPhone。

しかも、当時の最新モデルのiPhoneXモデル!(2017年下半期発売)

おはる
おはる

じゃあなんでギテクの家族だけがLGのスマホを使っていたの?

携帯料金も払うことが出来ず、他の家のWi-Fiを探して使わないといけないくらい貧しい暮らしだったから…。

ポンテールとしては初歩的な設定で、ギテク一家は発売から4,5年経ったスマホ、そして、LGのスマホを使っているっていう設定だったから。

サムスン共和国の韓国でのLGのスマホのイメージは… こんな感じです。(※あくまでも例)

サムスンよりも安い「お手頃スマホ」のイメージだから、「イベントセール用スマホ」、「親孝行スマホ」、「大乱スマホ」なんて呼ばれたりも…

特に、アンドロイド4.4Verを使用している映画の中のG3モデルの場合、色んな作動不良や、ソフトウェアの問題で大騒ぎになったモデルで、消費者は有償でアフターサービスを受けなければならなかったり、製造会社のOSアップデートのサービスも遅れて、G3の次のモデルのG4も合わせて、少し勢いを取り戻してきたLGのスマホ事業を永遠に下り坂に追い込んだモデルのひとつ…。

1、2年も経ったら普通は0円スマホになるのに、

1、2年経ってもアップデートをしてくれないの?(一一”)

会社のイメージと一緒に販売量も下降…。

LG電子 携帯電話グローバル出荷量 出典:매일경제

古くなって安いスマホは多いのに、あえてLG、そしてG3モデルを使っている意味を考えると、

発売後の製造会社の管理と事後支援が不足しているLGのスマホは、国のお世話と管理を必要とする階層を象徴している絶妙な小道具ではないかと思うんだよね。

ポンテールが本当にそこまで考えているかどうかは分からないけど(笑)

こんな風に、G3モデルをはじめとし、G4、G5と立て続けて失敗し、大きなイメージダウンをしてしまったLGは、その後のイメージ回復のため、たゆまぬ努力をしているけど、簡単に上ることが出来ない私たちの人生の階段のように、深く刻まれたLGのスマホに対するイメージは簡単に変えられず…

毎年、年初にはニュースで、今年は変わった!と言うけど、

毎年、年末にはもっと業績が落ちていき…

LGはとうとう、2021年4月、MC事業本部(モバイル部門)の事業撤収を発表。

ペコム
ペコム

ばいばい、LGのスマホ…(/_;)

Wifi

ギウのWi-Fi設定画面には、いくつか通信会社のWi-Fiの名前と一緒に

韓国人なら誰でも共感できるくらいの名前が登場する。

ペコム
ペコム

その名前は、「IPTIME」(アイピータイム)!

日本でいうと、NECとバッファローを合わせた程のシェア率の企業で 、2012年基準で韓国では80%を占めている企業。 

少しずつシェア率は下がってきているものの、韓国で家庭用ルーターといえば「IPTIME」

そのくらい圧倒的な支持を得ていると考えていいと思う。

韓国内で使うには最適化もよくできるし、性能もとても良く、価格も丁度良い!

もし、韓国でルーターを購入しなければならなかったら、IPTIMEの製品の中から価格だけ見て選んでも、少なくとも失敗はしないでしょう(^^)/

母チュンスクのパワーはどこから?全国大会と銀メダル

半地下の家の中でチラッと登場する、全国大会の銀メダル。

よく見ると、1992年の全国大会で、母チュンスクがハンマー投げで準優勝した時のもの。

1920年から始まった全国体育大会は、昨年100回目を迎えた総合スポーツ大会で、

毎年、海外同胞を含む各市道別で対抗し、順位を競う韓国のスポーツ大会。

日本での国体にあたるものです。

1970-80年代までは、国民にとっても、とても人気がある大会でしたが、

今では思い出の中の、当事者だけの大会といった感じです。

「選手たちだけの、選手たちのための大会」…というような…

しかし、男性選手たちの場合は特に、大会の成績が上位の学校への進学や軍隊兵役問題にも関わるため、依然として諦めることが出来ない重要な大会です。

それでも国民にだんだん忘れられつつある大会には変わりなく…

特に、人気がない種目の陸上競技においては、さらに深刻です。 

学校の体育の授業から日本とは陸上に対する認識が全く異なり

韓国での陸上は人気がない種目の中でも人気がない種目というイメージがあります。

母・チュンスクがよりによって国体のメダリストだったので、

雨で水浸した家で一番最初にチュンスクの国体のメダルを守るギテクのシーンは

何というか….それでも生きがいを感じていた頃の…

金メダルではなくても競争で遅れをとることはなかった頃への

思い出と執着じゃないかな…。

ギウの学業の成績、キジョンの美術感覚、

パク社長夫婦との会話に登場するギテク夫婦の語彙からも

彼らはそれなりに教養もある家族だと思う。

今となっては「無計画が計画」になってしまった人たちは… 

最初からそうではなかったはずですから…

「おなら車(消毒車)」は効果がある?!

出典 나무위키

“방구차(おなら車)”

小さいころ町を回る消毒車(防疫車)をそう呼んでいました。

今は韓国でも見かけることが難しくなりましたが、

その当時は夏になるとよく見かけました。

長い未来の武器のような見た目の「煙霧機械」が、

大きなおならのような機械音を出して通り過ぎると

何がそんなに面白くて一生懸命ついてまわるのか

町中の子どもたちが全員集合でした。

すぐ消える煙の中で、かくれんぼをする子どもたち、

目に入るとダメだといって目を閉じて走る子ども、

体内の菌を殺さないといけないと口を開けて飲んでいた子どもまで…

遊ぶものも少なくて、インターネットもなかった時代

おなら車の登場は、それなりにビックイベントでした。

窓を閉めてという案内放送が流れても

「ちょうどいい。家の中も消毒してもらおう」

と映画の中のギテクの言葉のように時には窓を開けておいて

室内の消毒もちょっとしてみたりもしました。

人の考えることってみんな似てるのかもしれないですね。

殺虫剤に軽油や灯油などの油を混ぜて

瞬間的に加熱し煙幕を噴霧する方式で

煙からは石油暖炉のような油の臭いがします。

広範囲を一度で、狭い隙間のような隅々まで薬剤を広げられるため、

よく使われていた方式で

人が機械を背負って歩きながら消毒したり、

オートバイや車両に乗せて移動消毒をします。

主に初夏や真夏に、蚊やハエ、ダニなどの各種害虫を駆除を目的に行われていました。

殺虫効果を最大にするためその害虫たちの主な活動時間の夕方に集中的に実施されたので

夕ご飯を食べている子どもたちが箸をおいてついて行って

お母さんによく怒られた記憶があります。

1980年代後半まではよく見かけた「煙幕消毒車」は

最近ではあまり使われないといいます。

煙幕による殺虫範囲も思ったよりも広くなく

加熱方式での殺虫効果も煙霧方式よりも弱く、

殺虫剤成分の人体有害性の危険や、環境汚染問題、

騒音による都市住民からのクレーム、

煙による視野問題での交通事故誘発の可能性などのため、

 油の代わりに水を混ぜて噴射する

「煙霧方式」の消毒をよくするといいます。

水を使う煙霧方式の場合

噴射範囲が煙幕方式よりも狭いですが、

消毒剤の粒子が大きく薬剤の効果も強いため、効果が長持ちするそうです。

都心全体をみれば過去に比べ、害虫もかなり減り、

ビニールハウスや果樹園が多い農業地域、川、水たまり、森の中などを主に防疫し、

都心のゴミ捨て場の近所や密閉された空間、 地域などにも集中し防疫したら

また都心のビル街やアパート団地からは

自主的に消毒を行う場合が多いので、

都心では煙霧消毒車さえもなかなか見ることが出来なくなりました。

しかし古い住宅が集まっている庶民の地域や、

“달동네”나 반지하 “빌라촌” “시장 지역” 같은 도심 속 취약구조가 몰려 있는 곳은

「タルドンネ(直訳:月の町=月が近い程高い場所にある貧困地域)」や半地下がある「ビラ村(一軒家の住宅をビラという。ここでは古くなった一軒家が集まる地域のことを指す)」、「市場地域」のような都心の中の貧困層が集まっているところは

未だによく防疫活動をしていて、必ずしなければならない所です。

私たちは消毒を不思議に見ている家族たちの姿と

“요즘에도 저런걸 하네”

「最近でもあんなことするんだね」というギテクのセリフから

彼らも久しぶりに見たという場面なのは分かりますが、

そしたら今の半地下の家が

ギテクの家族がもともと住んでいたところではなく、

長年住んでいたわけでもないということが分かります。

1年に一度する消毒だったら1年だけ住んでいても今回で2回目になるからです。

ギテクの家族は事業の失敗により2回もどん底を経験したからか、

もとから地下に住んでいた人たちではないということでしょう。

”類は友を呼ぶ”

似たもの同士、環境の友達とつるむというとき、

陸軍士官学校出身の将軍のおじいさんがいて、金持ちのミニョクがギウの友達である点、

“山水鏡石 (산수경석)”を最初から見分けるギテクの眼識、

最近の何年間を見ても、

名門大学のために浪人を3浪が許されるギウの状況を見ても、

キジョンのように美術を専攻した場合のかかる費用を考えてみても

今のギテク家族の暮らしでは理解が出来ない点が多いです。

運動をしていた母のチュンスクだけ「むしろ食べ物を買おう」と不平をいうと

キジョンがすぐに止めるくらい、

家族みんなが貧乏に苦しみ、品位まで失った姿ではないようです。

最初から地下ではなかったから…

まだ半地下で耐えているので、

地下に住むムングァンとは違うと考えていたのかもしれません。

だからむしろ金持ちのパク社長と家族になれるという夢を描いていたのかもしれません…。

ピザと上下関係

均等に分けて食べるため、最も公平な食べ物のひとつであるピザが登場しますが

彼らは就職してやっと、町の安物ピザを食べることが出来ます。

家族みんなが必死にピザの箱を組み立てますが、

ピザ屋の女店長の言葉通り、”4人中1人は不良品を作る”家族で

少なくとも家族4人中1人は不良な人生かもしれません。

家族の視線を見る限り…多分…ギテク?と思いましたが、

ギテクで間違いないようです。適当に組み立ててています(笑)

ピザ屋の店長は、おそらくアルバイトで店長をしていて

家族に対し、自然とタメ口で話します。 

ひときわ若く見えるこの店長のタメ口は

韓国人にとってはとても居心地が悪いですが、

甲乙関係(強者・弱者の関係)を考えれば自然と理解出来たりもします。

ペコム
ペコム

参考までに…

道で知らない人とケンカする時、韓国人が一番よく耳にする言葉は

「너 몇살이야 ! (お前、歳いくつだよ!)」、

「어디서 어린 놈이 반말이야? (年下のくせにタメ口かよ)」です。(笑)

儒教の国、朝鮮を受け継いだ韓国人にとって長幼有序の精神が未だに根強いですが、

年齢よりも、階級を優先する世界に住んでいるようです。

こんな風に彼らだけで、甲(強者)と乙(弱者)を区分し、

互いに傷つけあい、熾烈に比較し生きていきますが 

ピザ屋の店長もまた、水害の被害にあう、

ただの”下の町”の住民にほかならないのです。

水害の避難中にも店長は職員からマッサージを受けるような上下関係が存在していても、

”上の町”の立場から見れば彼女もまた、結局ただの”下の町”の人ですから…。

ペコム
ペコム

大雨によりギテク一家が避難所で非難しているシーンをよーく見ると…

後ろに小さくピザ屋の店長(女)の肩をアルバイト(男)が揉んでいる様子が映っていますよ!

両者とも堂々とふるまい、教養があるふりをしていますが、

タメ口を交えて話すヨンギョとキジョンのシーンは

韓国人にとってはその状況自体がとてもひやひやします。。。

タイトルとURLをコピーしました