スポンサーリンク

映画『パラサイト』#2 ポンジュノ監督のディテール「お風呂に入らないで来て」

映画・ドラマで学ぶ韓国
ペコム
ペコム

ポンジュノ監督の別名は「ポンテール(봉테일)」。「ポンジュノ+ディテール(細かい)」の合成語だ。
ただ面白くて笑って観たんだけど、調べてみると本当に細かく仕掛けられた設定が多かったんだよね。監督が映画のためにどんな準備をしたのか、事前情報を集めてみたよ。
※ネタバレはなし!安心してね!

スポンサーリンク

「お風呂に入らないで来て」主要俳優のキャスティングストーリー

ソンガンホ(キムギテク役)

カンヌ映画祭でのソンガンホさん(左)とポンジュノ監督(右)
出典:한겨례신문

ポンジュノ監督の始まりと終わりはいつでもソンガンホ!

映画『モーテルカクタス(모텔 선인장)』(1997)のオーディションを受けに来た無名俳優ソンガンホさんに、助監督だったポンジュノ監督がオーディション不合格のメッセージを丁寧に残したことが好印象で、「私が監督になったら必ず一緒に仕事をしたい」という言葉が2人の縁のはじまり。

その後、ソンガンホさんは不思議なことに、俳優生活の危機があるたびに、ポンジュノ監督の映画で復活をする。

『パラサイト』の前作の『麻薬王(마약왕)』(2018)は興行惨敗、次作の『王の願い ハングルの始まり(나랏말싸미)』(2019)は、歴史歪曲の騒ぎになり早期終映していた。ソンガンホさんにとって、ポンジュノ監督は本当の恩人のような存在なのだ。

ジョヨジョン(チェヨンギョ役)

映画『情愛中毒』でのジョヨジョンさん
出典:SBSnews

主に18禁の露出映画に出演したり、B級の広告モデルで活動していた俳優だったが、映画『情愛中毒(인간중독)』(2014)での彼女の演技を観てキャスティングを決定!

ポンジュノ監督はジョヨジョンさんに会って、『情愛中毒』での演技を真似しながら映画の出演をお願いしたそう。韓国での反応も意外なキャスティングだったけど、ジョヨジョンさんがここまで演技力があるとは知らなかったという評価が多かった。

イサンギュン(パクドンイル役)

イソンギュンさん 出典:네이버영화

もともとポンジュノ監督は演技派俳優のキムジュヒョクさんをパク社長役として考えていたが、キムジュヒョクさんが交通事故で帰らぬ人となり、急いで他の候補を探した。

故キムジュヒョクさん 2017年に亡くなる 
出典:SBSnews

高校2年生の娘がいる設定だが、イソンギュンさんがあまりにも若く見えて、最初はキャスティングをためらったという。なんとかポンジュノ監督の映画に出演したかったイソンギュンさんは、「私白髪が本当に多いんですよ。今は白髪染めですよ~」と話し、笑って出演が決まった。

「ソンギュンさんが若く見えて…高校3年の娘がいる設定だから…」
とキャスティングエピソードを話すイソンギュンさん
出典:영화이야기

チェウシク(キムギウ役)

チェウシクさんはポンジュノ監督の前作『オクジャ(옥자)』(2017)に出演していた。ポンジュノ監督は休んでいたチェウシクさんに「最近何してるの?」、「これからの計画は?」など質問すると、チェウシクさんは「体が貧相だから運動している」と答えると、「運動しなくてもいい、そのままでいて」と監督。その時にキャスティングされたと気づいたそう。

ポンジュノ監督は、チェウシクさんの、近所に住んでいそうな平凡な顔が良かったと話す。キャスティングが決まった後は、チェウシクさんの写真を机の横に置き、シナリオを完成させたそう。

チェウシクさんは小学校の時にカナダに移民しておりカナダ国籍のため、海外の映画祭では英語のインタビューも担当した。韓国の軍隊は免除である。

チェウシクさん(左) / パクソダムさん(右) 出典:YTN

パクソダム(キムキジョン役)

ポンジュノ監督はギウの役割をチェウシクさんに決めてから、彼に似ている俳優を探した。

映画『オクジャ(옥자)』(2017)のオーディションの時に一度会ったパクソダムさんにメールで連絡をするも、パクソダムさんは何かの詐欺だと考え返事をしなかった。監督が2回目の連絡をし、電話をして信じてくれたそう(笑)

チェウシクさん、パクソダムさんの2人に「お風呂に入らず会おう」と要求し、パクソダムさんは化粧をせず監督とミーティングをし、監督は2人がとても似ていると満足したそうだ。実際に、本当の兄弟みたいだという反応も多かった。

イジョンウン(クムグァン役)

声が気に入りキャスティングされた珍しいケース。

ポンジュノ監督の映画『母なる証明(마더)』(2009)のわき役として出演したイジョンウンさんの演劇を見に行き、彼女の自然な声の使い方が気に入り『オクジャ(옥자)』(2017)では、声の出演(豚役)をした。そして『オクジャ』の映画試写会の時に次の映画(パラサイト)にキャスティングをしたという。

イジョンウンさん(左) / パクミョンフンさん(右)  出典:네이버영화

パクミョンフン(オグンセ役)

ポンジュノ監督は映画『オクジャ(옥자)』(2017)の公開活動中、休憩時間に隣で上映していた独立映画『灰の花(재꽃)』(2017)を偶然観て、パクミョンフンさんの酒に酔った演技に感動し、すぐにキャスティングした。運命のような縁だ。

『パラサイト』の公開活動では、トップシークレット的な役割だった為、参加が出来なくてもどかしかったという。パクミョンフンさん自身も出演を口外できない不思議な映画になっただろう(笑)

ジャンヘジン(パクチュンスク役)

映画『パラサイト 半地下の家族』でのジャンヘジンさん 出典:네이버영화

大学卒業後、オーディションに連続で落ち、スーパーでアルバイトをしていた時、『殺人の追憶(살인의 추억)』(2003)の出演の依頼を受けるも、子育て中で断る。その後、独立映画『わたしたち(우리들)』(2016)に出演したジャンヘジンさんを観てキャスティングを決めた。

ハンマー投げ選手だったという映画(パラサイト)の設定に合わせるために、なんと19㎏以上も太って撮影したため、授賞式などでは痩せたジャンヘジンさんを見て、あの人映画に出てた?と本人と分からない人も多かったそうだ。

本来の姿に戻ったジャンヘジンさん 出典:노컷뉴스

ドラマ『愛の不時着(사랑의 불시작)』(2019)では、パクミョンフンさんと北朝鮮の男女として出演し、完璧なコンビネーションを見せてくれた。ちなみにジャンヘジンさんはスーパーでアルバイトしていた頃、トイレットペーパーの全国販売量1位を取った販売王でもあった。

ドラマ『愛の不時着』(2019)でのジャンヘジンさん(左)、パクミョンフンさん(右)
出典:TVN 공식인스타그램

パクソジュン(ミンヒョク役)特別出演

短い出演だが、それなりに重要な意味を持つ役割なので、短い時間でも強いイメージを残す俳優を望んでいたポンジュノ監督。

ちょうどチェウシクさんとドラマ『梨泰院クラス(이태원클라쓰)』(2020)のパクソジュンさんは年齢の差はあるものの、仲が良い間柄というのを知り、特別にキャスティングされた。チェウシクさんはパクソジュンさん以外にも、BTSのメンバーのVさんとも仲が良いことでも知られている。

パクソジュンさん(左)、Vさん(中央)、チェウシクさん(右)
出典:Topstarnews

同期同門 集まれ!“韓国芸術総合学校”

韓国芸術総合大学出身 イソンギュンさん(左)、ジャンヘジンさん(中央)、パクソダムさん(右)
出典:한국대학신문

韓国の俳優たちから “俳優たちのソウル大”と呼ばれる学校が「韓国芸術総合学校(韓芸総)」だ。

イソンギュンさんがこの学校の演技科の1期卒業生で、ジャンヘジンさんが同じ科の同期だ。学生時代の友達に会って演技するのが楽だったそうだ。
パクソダムさんは演技科17期の後輩だが、ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2016)のキムゴウンさんと同期で、この他にもドラマ『愛の不時着』(2019)のキムジョンヒョンさん、男性アイドルグループEXOのスホさん、ドラマ『ミスターサンシャイン』(2018)のビョンヨファンさんなどが全て同校の演技科出身だ。

『パラサイト 半地下の家族』のいろんな気になる情報

Q.タイトルが「パラサイト」の理由は?

ポンジュノ監督が描いた映画の初期コンテとスケッチ 出典:문화일보

お互い似ているが対立する人物構造を表現するため、最初は「デカルコマニー」がタイトルだったが、後に「パラサイト(寄生虫)」に変更されたという。

上位階層を真似ようとして対立もする上下階層のデカルコマニー。
ギテク家族とムングァン家族の似たもの同士のデカルコマニー。
映画と現実の世界が差がないデカルコマニー。

※パラサイト(Parasite):寄生虫、寄生虫のような人間
※デカルコマニー (décalcomanie): 紙の半分に絵具で描き、それを折って対称する絵を描く方法

Q.メインポスターはどういう意味が込められている?

映画『パラサイト 半地下の家族』メインポスター
出典:네이버영화

…誰も分からない。っていうのが答え(笑)
ポンジュノ監督自身も「私も分からないけど、ただ良かった」と何かが気に入ったと話す。

映画のジャンルを一言で表現する方法がなく、“コミック残虐劇” と呼ぼうとしたが、ポスターから映画を想像できないようにしたかったそうだ。

仲が良い映画監督のキムサンマンさんがデザインをし、今までのポンジュノ監督の作品ポスターはほとんど暗かったため、「明るいポスターを作ってあげたい」と話したそう。

Q.ポスターの左下の脚はどういう意味?

『パラサイト 半地下の家族』のポスターの秘密 出典:SBS뉴스

これも、、もちろん特別な意味はないそう(笑)
マーケティング会社の職員の脚っていうことだけ、分かってるんだって。

隠された目と、横になった人の脚…

映画を観る前に、内容とジャンルを予想されないようにしたかった彼らの意図は大成功だった。

タイトルとポスターだけでヒントがなかったから皆色んな想像をしなくちゃいけないから。

ペコム
ペコム

『グエムル(괴물)』(2006)のような怪獣のジャンル?
『殺人の記憶(살인의 추억)』(2003)や『母なる証明(마더)』(2009)のような犯罪系のジャンルかな? 色んな推測があったから(笑)

どちらもポンジュノ監督の作品  出典:네이버영화

Q.ピザの箱を作っている動画は外国人俳優?

Pro Pizzaboxer – Super fast pizza box making

いいえ。実際のYouTubeにあった動画で、著作権の関係で直接連絡をして使用の許可を得たそう。もちろん映画会社も、このユーチューバーも、この映画がこんなにも大成功するとは思ってなかったから、費用を少ししか払わなかったとも。

2015年にカナダのあるピザ屋の店員がアップロードした動画で、この女性は映画のおかげでインタビューまで受けたとか。カナダでの公開前だったので、再生回数がいきなり伸びている訳が分からなかったそう(笑)

ペコム
ペコム

再生回数が170万を超え、映画後にも新しくアップロードされた動画もあるよ(笑)

Q.偶然選ばれた音楽がある?

기생충(2019) OST : In Ginocchio Da Te.FLAC / 거실에서 춤추는 장면의 삽입곡
Gianni Morandiが1964年に発表した“In Ginocchio Da Te(あなたの前でひざまついて)”

全部のことが偶然で始まるけど、“全てのことは、計画があった”に変わる映画のようだ。

ただ単に、オーディオと一緒に小道具として準備されたLPレコーダーの中から1つを選んで、試しに聞いてみたら、その場面の雰囲気とピッタリで、映画にそのまま使うことになったそう。

かなり昔に発表された曲なので、版権の契約を申請したときに原曲の歌手がビックリしたんだって。

不思議なことに曲名までも映画の状況とピッタリで、、、鳥肌。

“あなたの前でひざまづいて(In Ginocchio Da Te)”

ギテクの家族はムングァン夫婦の前でひざまつかなきゃいけなかったから(笑)

ムングァンのメッセージのディテール 出典:인사이트 뉴스
ペコム
ペコム

ひざまずく場面でのスマホの画面のメッセージにも登場人物たちの性格が出ていて、さすがポンテールだ!っていう評価を受けたよ!

Q.ギテク一家の名前がみんな似ている理由

택(ギテク)、우(ギウ)、정(キジョン)、숙(チュンスク)

ギテクの家族の名前には “기(ギ・キ)” と “충(チュン)” の文字があるが、これは映画のタイトル(韓国語)の「기생충(寄生虫)」を強調するために付けたという。意外と単純(笑)

監督はこの感じをもっと活かすため、ギテクも子どもも同じ “(ギ・キ)” の字を使ったが、実は、父と子が同じ文字で始まる名前は、韓国式の命名法では使わない方式である。

これに対する質問にポンジュノ監督はとても単純に答えた。
「私は族譜と項列のルールを よく知らなかった」と。

延安金氏行列字の一部
出典:연안김씨대종회
ペコム
ペコム

それぞれの姓(親族)の世代によって、必ず名前に入れなければならない漢字1つが決まっているんだけど、これを“トルリムチャ(回し字:돌림자)”というよ。回し字はその家の人々の代の順を示す印で、同じ回し字を使うということは同じ代に生まれたということだから、父と子は同じ文字を使うことができないよ。

おはる
おはる

じゃあ、名前の2文字のうち 1文字は決まってるってこと?

ペコム
ペコム

うん、そうだよ。男性の場合だけ守らなければいけないけど、最近は無視する場合が多いね。

Q.韓国人だけ笑ったセリフ “コーナーリングが良いですね”

ギテクがパク社長の運転手のテスト中、パク社長のセリフ。

코너링이 좋네요.
コーナーリングが良いですね。

映画『パラサイト 半地下の家族』中

パク社長がギテクの運転実力をテストする時に言った言葉だが、韓国人にはとてもなじみのある文章なので笑う人も多かったし、政治的論争もあったセリフだ。

朴槿恵大統領時代に民政首席秘書官だった検察出身の “ウビョンウ(우병우)”という人が、公職者や民間人の不正を監視する部署の総責任者であるにも関わらず、力がものすごく強いポストだったので、むしろいろんな不正に関わって沢山取り調べを受けたのだ。

2016年、朴槿恵大統領弾劾運動時代、全国民を激怒させたこの写真がとても有名だ。

腕を組んで笑いながら調査を受けるウビョンウ“(ウビョンウ(左)、捜査官(右))
出典:조선일보

ありとあらゆる違法と不正によって検察から調査を受けているのに、捜査対象は腕を組んで笑っていて、捜査官は謙遜して姿勢を正している… 検察の捜査官たちは皆、ウビョンウのかなり下の後輩にあたるので、こんな姿だったんだろう。

検察庁の建物と330m離れた建物の屋上から夜通し待ちかまえていた記者が撮った写真だ。
寒い冬、記者の忍耐心と大口径望遠レンズの技術力の勝利(笑) この後、検察庁の全ての窓は隠された。

左の横長の建物が検察庁 出典:뉴스투데이

とにかく、この人の息子の兵役の職責に対する特恵に関しても争点の1つだった。

自宅と近いソウル市内で義務警察、その中でも楽だと言われる運転兵、その中でもさらに楽だと言われる職位が高い人の個人運転兵だったので、それはそれは、ものすごい批判だったよね。

国政監査で警察の担当者の答弁が、「コーナーリングが良かったので担当してもらった」って。誰が見てもどう考えても忖度なのに、あまりにも呆れてしまうとっても有名なセリフだ(笑)

コーナーリングをスムーズにできなくて、今でも前線地域で苦労している数多くの軍人たちを泣かせたこの発言。上の取り調べ写真のように調べたから証拠なんて見つからず、答弁はもっと厚かましくなった。

国政監査の答弁の写真「運転が本当にずば抜けてたんです。
デコボコもスムーズで、コーナーリングもとても良かったんです。

出典:뉴스줌

最終候補5名の中にウビョンウの息子が選ばれた理由に、“名前が良かったから”っていうものまで…(-_-;) 軍隊の問題に敏感な韓国で、あまりにも有名な事件だったから、「コーナーリング」っていう言葉自体がすごく馴染みがあったんだよね。

映画の公開後このセリフが議論となり、ポンジュノ監督は「政治と関わっているとは知らなかった、ただの運転の実力に関するセリフだ」と話したけど、李明博(イミョンパク)、朴槿恵(パククネ)大統領の時に文化界ブラックリストに載せられて大変な思いをしたポンジュノ監督だったので、意図的な政治パロディではないかっていう騒動まであったんだ。

おはる
おはる

“名前が良かったから選んだ”って、やばすぎて笑える(笑)

ペコム
ペコム

あんまりにも堂々と答弁するから、国民たちが大爆発した場面だよ(笑)

「文化界ブラックリスト」映画監督の欄にはポンジュノ監督の名前もある。出典:JTBC뉴스

文化界ブラックリスト(문화계 블랙리스트)とは?

李明博、朴槿恵大統領の保守政権時代に、政府に反対する進歩系の文化界関係者や企業に不利益を与えたり、各種規制を行うために政府が不法に作った文化界人事のリスト。
計82名の中には、ポンジュノ監督も入っている。

ペコム
ペコム

次の記事からは、映画の中の隠れたディテールと韓国文化や歴史について本格的に解説していくよ♪

タイトルとURLをコピーしました