【パラサイト】#6 台湾カステラとチキン、ギテクの職歴│チャパグリ

映画で学ぶ韓国の歴史・社会

台湾カステラとチキン店、ギテクの職歴

ペコム
ペコム

ビックマック指数ご存じですか^^?

全世界どこにでも広がっているマクドナルド!

元祖のアメリカも、寒いロシアも、暑いアフリカにも…

海外旅行に行けばなじみのあるあの黄色いマーク!

2017年基準、約35,000店の売り場で販売される同じビックマックのメニューの値段を物価指数と比較して、国家の購買力の統計に使うそうです!

ペコム
ペコム

そしたら… 韓国にあるチキン屋さんの数は…?

2017年基準 約36,000店!! 

ペコム
ペコム

チキン共和国!!!(笑)

もっと恐ろしいことに、1年で約10%ずつ増加しているってこと…

しかし…

全世界のマクドナルドよりも、全国のコンビニよりも、も~っと多い数を誇っていた韓国のチキン屋さんは、幸か不幸か、減ってきていると言います。

理由は「廃業」

2015年を基点に創業数よりも廃業数が増え始めて…今では安定的?に減ってきています。

はい、主人公のギテク(お父さん)の話です。

そしてその家族の生活の話です。

父・ギテクの職歴 韓国のチキン屋さん

ペコム
ペコム

逆推理してみましょう!

運転手食堂でキジョンがギテクにベンツを運転したことがあるか確認するシーンで、ギテクはパレットパーキングのアルバイトが一番直近で、その前は台湾カステラ、そしてその前はチキン屋さんだったと話しています。

他の記事で紹介した、映画に出てくるiPhoneの発売年度を見る限り2018年が現在なら、2017年下半期何か月間はパレットパーキングで働いていて、2017年中ごろには台湾カステラの廃業をして、2016年初期から韓国で流行った台湾カステラの創業時期まで一致します。

だったら、短くても1年半、長くても3-4年前にチキン屋さんをしていたはずだから…

ギテクは韓国のチキン屋さん史上、最盛期の競争時期にオープンしたということになります(笑)

チキン屋さんたちの「チキンゲーム」時代…

もちろん…ギテクの家族は生き残ることが出来ませんでした…

2015年を基点として創業数を上回る廃業数の中のひとつがギテクだったんでしょう…

それぞれの事情は関係なしに、ただ数字1で…

でもギテクは諦めなかったようです。

ちょうど流行りだした2016年のヒットアイテムをちゃんと選びました。

ギテクの挑戦!台湾カステラ!

台湾カステラ(대만 카스테라)

手ごろな価格でものすごい量!

チキンの故郷、卵の味が深く感じられる味まで!

言葉通り、大人気、大ヒット、皆が列を作って並ぶほど、

ここが、韓国なのか台湾なのかそんな時期でした。

久しぶりに家族みんなが笑って過ごせるようになったのに

2016年夏、いきなり殺虫剤卵騒動が起こって

やっと落ち着いてきたと思った11月には鳥インフルエンザが発生…。

突拍子もないこの出来事たちは、卵を主原料とする台湾カステラにはとても致命的で、原材料の価格の急騰により、販売価格の引き上げという結果を招きました。

殺虫剤騒動は検証された卵を使用し、消費者たちの不安を和らげることができましたが、安くて人気だったものの価格が上がると、もうこれ以上何のメリットもない「高い卵パン」になってしまいます。

値段は許してくれませんからね。

映画の中で、パク社長の地下室で生活していたクンセは、チュンスク(母)に、なぜ地下室にいるのか説明するシーンで、クンセは「台湾カステラが潰れてから…借金が増えて…」と話します。階段で隠れて聞いていたギテクの表情を見る限り、ギテクもクンセの気持ちが痛い程分かるのでしょう…(;_;) 

同じ時期にオープンしたクンセとギテクの 悪夢の冬は、そうやって始まったのです。

台湾カステラの最大の危機!台湾カステラ食用油騒動

どんな年よりも寒かったあの冬を乗り越えて、

鳥インフルエンザも卵の値段も

暖かい春の風とともに落ち着いてきたと思われた2017年 3月… 

韓国の有名な告発専門テレビ番組に台湾カステラが登場し、大きな問題となりました。 

“台湾カステラ食用油騒動(대만 카스레라 식용유 논란)”

番組の内容はこうです。

*台湾カステラは広告内容にはない食用油がめちゃくちゃ入っている!

*バターが高いから食用油を使っている!

*食用油は良い材料ではない!

放送後、大騒ぎになりました。

食用油のパンを売ってたの?それって消費者詐欺じゃないの?って…

1時間もないその放送は、長い冬を耐え抜いた店主たちの最後の希望さえも奪ってしまいました。 

*元祖台湾のレシピと一緒だ

*ケーキやパンを作るとき、食用油を使う場合が多い。

と…

食用油は何の問題もないという業者と専門家たちの反論がありましたが、

「ケーキを作る方法で作っているのにカステラとして売っているのは国民に対する詐欺だ」と、謎の言い訳の放送を最後に、だんまり…。

あの多かった黄色いお店は、ひとつ…ふたつ…と消えていくのでした。

あんなに大量の卵はどっから手に入れたんだろう?ってくらい、短く熱かった台湾カステラのブームは

新しい流行にうもれ、あまりにも簡単に消えていきました。

ギテクには挫折とローンだけ残ったでしょう…

私がギテクだったら、放送局に食用油をかけて燃やしてしまいたいくらいだったでしょうが 誰もそんなことはしなかったし、誰も彼らを覚えてもいません。

実は、その番組とプロデューサーは、もともと「悪い意味で」有名でした。

「国民たちの安全を責任とる」という美名の下にカメラを向け、何の根拠もない自分たちだけの基準で、色んな業種と売り場を簡単に廃業に追いやる、議論が絶えない番組でした。

マスクパック重金属騒動(2007)も、

ラーメンのMSG騒動 (2013)も、

ヨーグルト騒動(2015)も、

台湾カステラ騒動(2017)も…全部です。

根拠も論理もない番組の横暴に、自営業者たちは手も打てずに生活が崩壊していく間、放送業界の新製品を発売したり、広告モデルをするプロデューサーの姿は、あまりにも図々しい悪魔の姿なんじゃないでしょうか?

ギテクの2度の挑戦はそうやって幕を閉じ、計画は計画通りになるものではないと悟り、今では計画を立てません。

出典:네이버영화

나 절대 실패하지 않는 계획이 뭔지를 아네.

무계획이야 , 무계획. NO PLAN.

왜냐. 계획을 하면 반드시 계획대로 안되거든 인생이.

絶対失敗しない計画を何か知ってる。

無計画だよ。無計画。NO PLAN。

何でかって?計画を立てたら必ず計画通りにいかないんだよ。人生は。

映画「パラサイト」中

クンセはこの頃に地下に入ります。

そうやって2人の男は、、、韓国の2つの家庭は地下に下りていきます。 

何が2人を地下に導いたのでしょう? 悪魔のプロデューサー?鶏たちの復讐??

あ~もう知らん、全部世の中のせいだ~と、 叫びの声かもしれません。

韓国でよく使われる”文系・理系の進路”の図。(出典:JTBC)

文系も理数系も卒業後、結局はチキンを揚げなきゃいけない構造の中で、彼らはとっても忠実だっただけです。

良い大学に入るため

良い会社に就職するため

良い大黒柱になるため

毎朝彼らは家を出て…退社はあまりにも早く訪れ、彼らの選択肢は多くなかっただけ。 

どれだけ振り返ってみても、これといって間違った人生ではありませんでした。

多様な人生を楽しむ余裕もなく、自己啓発の時間も贅沢だった熾烈な競争の中で前だけ見て走ってきたから、自分だけの技術やノウハウもなく誰でも簡単に始められるフランチャイズの力に頼るようになります。

ペコム
ペコム

韓国のチキン屋は店舗を確保してフランチャイズ料を払えば、誰でも簡単に始められる外食産業の代表的な例です。国内経済が悪化して再就職が難しくなった場合に、フランチャイズのチキン屋を始めることもよくあります。

退職金だけでも開けられるドア、

アパートを担保しローンされ組めれば簡単に開けられるドアを開け

そうやって「バミューダの三角地」の中に吸い込まれていきます。 

入る時は選択ですが、出ていくのはそうじゃありません。

まるで引退した選手の復帰前のようで 華麗な復活を夢見ますが、ほとんどが永遠の下り道を経験します。彼らの希望と挑戦の中でお金持ちになるのは本社という名のまた別の悪魔というだけです。 

コーヒーが流行っているからコーヒーを勧め、

肉が流行ってるから肉を勧め、

世界1位の売り場数のコーヒーの都市はそうやって誕生し、

世界1位のサイバー戦士の養成所・ゲーム部屋も同じです。

「オープンを手伝う本社はあるけど、廃業を手伝う本社は見たことないです。」 

そうしてギテクとグンセは捨てられたのです。

チャパグリと韓牛、卒業式

チャパゲッティの誕生

チャラチャラ~チャ~パゲティ~農心チャパゲティ!

(짜라짜라짜~ 짜~파게티~ 농심 짜파게티!)

日曜日は私が~チャパゲティ料理人~

(일요일은 내가~ 짜파게티 요리사~~)

짜파게티 CF – 일요일은 짜파게티 먹는 날 편 (1988)
[농심] '설현' 일요일은 짜파게티 편 TVCF

韓国人ならみんな知っているあるCMソングの中のお話です。

すでに1970年に世界最初のジャジャンラーメンを発売し、色んな種類のジャジャンラーメンを販売しましたが、その人気は期待に沿えず…

1984年、農心から発売されたジャジャンラーメン「チャパゲティ」は、慣習的に呼ばれていたジャジャン+ラーメンの構造から抜け出そうとします。

「ジャジャン+スパゲッティ」というネーミングで修正された「チャパゲティ」は、ひとつも変わっていませんが、どこかモダンな、欧米式だから何か洗礼された感じがします。

ペコム
ペコム

多分これは、私の記憶上、最高のマーケティング成功例のひとつです!

チャパゲティ(짜파게티)」という名前、

そしてその名前を広めるためのCMが大ヒットしたんです。

 

今こそ、ジャージャー麺、チャンポンは代表的な庶民のメニューになってしまいましたが、当時は誕生日や卒業式などの特別な日にだけ食べることができる「スペシャルメニュー」の概念でした。

そんなジャージャー麺を西洋の雰囲気を醸しながら、若者にアピールし、「日曜日には家族みんなが食べることができるジャージャー麺!」というセリフは「家で簡単に外食をすることができる」という

新しいライフスタイルを提示してくれました。

まあ、大げさにライフスタイルまで?!というかもしれないですが、本当に洗脳されるようになります(笑)

“짜라짜라짜짜짜~~~~ 짜~~파게티~~~~”

チャラチャラチャチャチャ~~~~チャ~パゲティ~!

頭から離れないCMソングに洗脳された韓国人たちはそうやって信じました。

 「日曜日は私が料理人!(일요일은 내가 요리사!)」と叫ぶCMの息子とお父さんのおかげで、日曜日には家事をしないお母さんが増えて、そうやってチャパゲティは大ヒット商品になりました。

今もジャージャーラーメンといえばシェア80%以上のチャパゲティ!

その成功は、もちろん、単純なネーミングとマーケティングだけによるものではありません。

よく混ざらないジャジャン味のソースの新技術の開発、

今も肉だと多くの人が錯覚している肉のふりかけ、

他社よりもどこか濃い味に感じる農心だけのノウハウ…

彼らの努力があったからこそ成功することができたのです。

思い出のジャージャー麺

韓国のジャージャー麺

そうやって「ジャージャーラーメン(짜장라면)」という単語が「チャパゲティ(짜파게티)」に変わってから、ジャージャー麺とチャンポンの価格はいつの間に「0」がひとつ増えて、私の思い出の中のものとは別のものになっていました。

地球がなくなるというミレニアムの恐怖が漠然とあった1999年。

当時の韓国の国民アイドルGODの「お母さんへ(어머님께)」という歌を少し紹介します。

어머니 보고 싶어요          お母さん会いたいです

어려서부터 우리집은 가난했었고    小さい頃から私の家は貧乏で

남들 다하는 외식 몇번 한적이 없었고  みんながしている外食はしたことなくて

일터에 나가신 어머니 집에 없으면   職場に出かけるお母さんが居なくて

언제나 혼자서 끓여먹었던 라면     いつも一人で作っていたラーメン 

그러다 라면이 너무 지겨워서      でもラーメンにも食べ飽きて

맛있는것좀 먹자고 대들었었어     美味しいものが食べたいと駄々こねて

그러자 어머님이 마지못해 꺼내신    お母さんが仕方なく取り出した 

숨겨두신 비상금으로 시켜주신     隠しておいた非常用のお金で頼んでくれた

자장면하나에 너무나 행복했었어    ジャージャー麺ひとつでとても幸せだった

하지만 어머님은 왠지 드시질 않았어  でもお母さんはなぜか食べなかった

어머님은 자장면이 싫다고 하셨어   お母さんはジャージャー麺が嫌いだと言った

GOD <어머니께>중 1998

その言葉を信じ、一人で思いっきり食べていた世の中の全ての子どもたちを、一瞬にして「親不孝」に陥れたその歌。涙が出てくる歌の中の私たちの思い出と、私たちの暮らしは本当に大きく変わっています。

そうやって21世紀は訪れました。

私が食べていたあの味は思い出になり、卒業式のお祝いのジャージャー麺は本当のスパゲッティとピザに代わっていきました。

チャパゲッティ+ノグリ=チャパグリ

ラーメンもジャージャー麺も飽き飽きしていた頃、テレビに登場したこのメニューは7年後

「韓国はタヌキも食べるって?」という疑問と一緒に世界へ知られるようになります。

その名も「チャパグリ(짜파구리)

チャパグリはチャパゲッティとノグリ(インスタントうどん)の合体料理で、

全国民から愛されてきた「国民の子どもユヌ」が

テレビで自身のお父さんも無視するほどおいしく食べていたので

韓国では大流行になりました。

チャパゲティ(左上)とノグリ(右下)

ジャージャーラーメンだけ食べるにはあまりにも甘すぎるし物足りない…

ただラーメンだけを食べるにはどこか飽きたし…

韓国の人が好きな辛い味のために、ジャジャンに唐辛子の粉とキムチの組み合わせはすでにありきたりで、ラーメンの辛い味を一緒に食べたらどうかということで色んなラーメンと組み合わせを試し、うどん(インスタント)の麺が太くて外で食べるようなジャージャー麺の感じがでる。

こんな過程を経て誕生した魅力のコラボは、金持ちは韓牛(高級肉)を入れるという映画的な想像力が加わり、新たな人気を得ました。

チャパグリ:お肉は安いお肉…

一般人に知られた庶民のレシピを食べる私たちとは違いない人間だけど、韓国では一番高い肉の韓牛をラーメンと一緒に食べるその姿は、私たちとは全然違う世界を見せてくれたりもします。

映画的想像力は人々の好奇心と欲望を刺激したのか、まるで「私もこのくらいの量の韓牛を食べれる」という小さな贅沢を楽しめるささいなブームも起こりました。

日本の神戸和牛のポジションにあたる韓国の韓牛は、映画の中で地上と地下の人たちの「小さいけど大きな違い」を見せてくれる素材となり、食べ物はお互い出会ってすばらしい組み合わせを成し遂げましたが、人はお互い出会って血と悲劇を作っています。

私たちの間隔はそうやって離れていきました。

タイトルとURLをコピーしました