スポンサーリンク

ドラマ『二十五、二十一』11話 あらすじ&解説 ナヒドの母が約束を守れなかった理由

二十五、二十一 映画・ドラマで学ぶ韓国
ペコム
ペコム

最近人気のせいか質問が多くて、いっそ記事を書いてみようと思う(笑)
Netflixドラマ『二十五、二十一(스물다섯,스물하나)』(2022)。

おはる
おはる

私が、しつこく聞いたからね(笑)

最近すごく流行ってるんだから~!

ペコム
ペコム

すでに放送中だけど、直近の回から始めてみるよ!若干のネタバレがあるから気をつけて。

ヒドが早く大きくなることを望んでいた母 ナヒドと母親のやり方

『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話 ナヒドとシンジェギョン(母)の対話シーン
出典:네이트뉴스

父親との思い出が込められた椅子を修理したかったナ·ヒドは母親と約束をしたが、突然のニュース速報のため母親のシン·ジェギョンは約束を守ることができなかった。

椅子に未練が多かったヒドは、今日だけは約束を守るべきだったと怒り、自分の職業を理解できないヒドに、母もこれまで言えなかったことを言う。

엄마가 약속 안 지키는 사람인 것도 아는데, 적어도 오늘은 왔어야지!
お母さんが約束を守らない人ってのも知ってたけど、せめて今日は来なきゃでしょ!

ナヒドのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

니가 슬퍼도 아파도 시합에 나가듯이, 나도 그런 사람이라고. 이해 안 돼?
あんたも悲しくても痛くても試合に出るでしょ。私もそういう人なの。理解できない?

シンジェギョンのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

난 니가 크면 이해할 줄 알았어, 그래서 니가 빨리 크길 바랐어.
はあんたが大きくなったら理解してくれると思ってた。だから早く大きくなってほしかった。

シンジェギョンのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

나는 아직 열세 살에 머물러있어 엄마. 
私はまだ13歳のままなんだけど。お母さん。

ナヒドのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

速報のニュースのため、父親の葬式に出席できなかった母親を忘れることが出来ず、許せなくて、依然として13歳のままで生きているというナ·ヒド。

年を取るほど母がさらに理解できなくなり、自分の傷は “最新版が一番痛い” と涙を流す。

『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話 ナ・ヒドも泣くシーン
出典:네이트뉴스

父の話を避けてきた母に対する悲しさが爆発すると、母シン·ジェギョンは「あんたは恋しさだけかもしれないけど、私には恨みが8割だ」とし、これまで秘めてきた感情を表した。

난 피해야 살 수 있었고, 잊어야 살아졌어.
私は避けてこそ生きてこれたし、忘れてこそ生きかえることが出来た。

シンジェギョンのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

피하려고 하는 내 노력까지 비난하진 말아줘. 그게 내가 버티는 방식이니까.
避けようとした私の努力まで非難しないで。それが私の耐える方法だから。

シンジェギョンのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中

父の死後、初めて率直な感情を表現した2人の親子だが、心の距離はなかなか縮まらない。

あの日も、そして今日も、ヒドの母は ニュース速報をしなければならなかったから。

父親の葬式に出席できなかった理由 アシアナ航空機墜落事故

記者出身のニュースキャスター、シン·ジェギョンに対し、「苦労して獲得した地位を逃すな」という報道局長の発言が出てくるが、簡単には理解できないだろう。

국장님, 제가 왜 그 자리에 있어야 하는지 증명하겠습니다.
局長、私がなぜあの席にいなきゃいけないのか証明します。

シンジェギョンのセリフ『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話中
『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話 ニュース速報を伝えるシンジェギョン
出典:네이트뉴스

このシーンを見ると、シン·ジェギョンが物凄い欲張りのように見えるが、その日彼女が放送しなければならなかった事故を知れば、少しは理解できるはずだ。

1993年7月26日に発生した金浦空港出発 木浦行きアシアナ国内線航空機墜落事故

116人の搭乗者のうち68人が死亡、48人が生き残ったが、韓国で発生した航空機事故の中でも最悪の惨事となった。

事故に軽重はないが、超大惨事だったから、ニュースを担当する報道関係者にとっては重要な事件とみるべきだ。

悪天候によって2回も着陸に失敗した航空機が、無理に3回目の着陸を試みて、木浦空港近くの山に衝突した事故。

ペコム
ペコム

不幸中の幸いで生存者が多く、生存者の捜索と救助ニュースがかなり長い間リアルタイム速報が続いていたと記憶している。

대한뉴스 제 1969호-아시아나 항공기 추락
大韓ニュース 第1969号 航空機墜落事故 村の人たちも協力し捜索が行われた (※死体の様子も映るので注意) 

ペコム
ペコム

13歳のナ·ヒドは理解できなかったけど、13歳のナ·ヒドを1人で育てなければならなかった”母シン·ジェギョン“の立場だったら、それが私だったら、あえてジャーナリストの姿勢を考えなくても、少し、ほんの少しは理解できる選択だと思う。

『二十五、二十一(스물다섯, 스물하나)』(2022) 11話 
泣きながらニュース速報を準備するシンジェギョン
出典:네이트뉴스

母はなぜニュース速報をしなければならなかったのか?  脱獄囚のシン·チャンウォン

そうやってヒドは成長し、1999年、シン·ジェギョンは今回もニュースを選んだ。
いや、「やらなければならなかった」。

ヒドの不満のように、ヒドとの約束は重要じゃないからなのか?
本当に母にはニュースだけが重要だからなのか?

1999年7月16日、‟脱獄囚、申昌源(シン·チャンウォン)の検挙”。

1989年、強盗殺人罪で逮捕され無期懲役を言い渡されたシン·チャンウォンという囚人が、1997年1月に脱獄し、2年6ヶ月ぶりに検挙された事件だ。

今の時代に「脱獄したって?」と思ったりもするし、907日を持ちこたえたことも不思議だが、それでもここまでは「それでも、あり得ること」と思ってもよい。

おはる
おはる

この程度のニュースだったら、後輩たちに任せてヒドのところに行ってもよかったと思うけどねT T

シンチャンウォンが脱出した横32㎝、縦28㎝の大きさの監獄の通気口の様子
出典:싱글리스트뉴스

しかし、シン·チャンウォンの名前が国民に知られる過程を見れば、シンジェギョンがなぜ約束を守れなかったのかが分かるはずだ。

音が聞こえないように、教化音楽放送が流れる毎日20分間を2ヵ月間、換気口の鉄格子を密かに準備した鋸で切った。「お~映画みたい!」

換気口が小さいから、15kg以上ダイエットして通った。「わ~可能なの??」

刑務所が工事中で、塀の動作感知器は故障し、工事現場の下の土を掘って脱出した。「ショーシャンク、脱出!」

最初はただ単純な脱獄ぐらいだと思っていたし、脱獄映画の名作と呼ばれる『ショーシャンクの空に』(1994) を思い浮かべながら見物していた国民も、どんどん笑ってばかりはいられなくなる。

映画『ショーシャンクの空に』(1994年)の代表場面のスチールカット。
出典:문화뉴스.

この不思議なストーリーの始まりを作った人は、テコンドー5段で、武道警官として特別採用された釜山警察のジャン警長

※警長(경장)…日本でいう巡査長

洗車場を経営していたチャン警長の友達が 怪しいお客さんを情報提供。
その客を追跡し、シン·チャンウォンであることを知ったが、気づいたシン·チャンウォンが逃走して逮捕のチャンスを逃したが、昇進を望んでいたから報告しなかった

数カ月間追跡し、シンチャンウォンの居住地を探し、自分の知人たちと独自の逮捕作戦に突入。テコンドー館長、マラソン選手、剣道有段者、柔道大学卒業者、陸軍特攻旅団出身で構成。
1997年10月16日、盗みをして帰ってきたシン·チャンウォンに会うも、格闘の末にガス銃を発射。目にガスが2発当たっても、シンチャンウォンは逃走。2回目のチャンスを逃す。

2ヵ月後の12月30日 シンチャンウォンの同棲の女の情報提供で3回目の逮捕作戦に突入。今回は刑事1人も追加で参加。格闘の末、シン·チャンウォンは腕が折れたにもかかわらず、再び逃走し、警察に通報。結局、ジャン警長は即時解任され、ジャン警長は、「シンチャンウォンは早いです。見つけたら無条件撃ってください」と言って去った。

1997年12月のMBCニュース “掴まりかけた脱獄囚 申昌源(シン·チャンウォン)を逃がす”
出典:MBC

ジャン警長の解任後、警察庁の本格的な監視の中で、同棲中の女性に会いに来たシン·チャンウォンを2人の刑事が格闘の末、再び逃した。 今回は拳銃も奪われる。もう1人の拳銃は故障

30分以上格闘を行ったが、志願兵力は待ち合わせ場所の「川辺(ネッカ:냇가)駐車場」ではなく発音が似ている「レッカー車駐車場」で待機中のため志願できなかった。 こうして4度目のチャンスも失敗。

3ヵ月後、今回は住民たちの通報で釣り場に隠れていたシンチャンウォンを検問したが、5回目の逃走。実弾6発の射撃はすべて外れた。シンチャンウォンが投げた鞄からは、以前奪われた銃を回収した。

該当警察官らも、軒並み懲戒や解任となり、シンチャンウォンは次第に神格化され始めた。
格闘の神” “逃走の神” 

1998年3月ニュース “シンチャンウォンまた逃す” 出典:KBS

その中で拾われたのは、シン·チャンウォンの自動車と日記帳。

日記を書く脱獄囚も不思議だったが、その社会批判的な内容が公開され、シン·チャンウォンは人気が高まり、無能な警察や政府は戸惑った。

小学5年生のとき学校の会費を払えず、先生から「この野郎、金も持って来ないのになんで学校に来るんだ、早く出て行け」と言った。 それから心の中で悪魔が生まれた。

シン·チャンウォンの日記より

ペコム
ペコム

授業料以外の、追加で払う会費を出せなかったから、先生が無視して自分が今のような悪い人になったという言い訳?のような内容だ。「社会のせい」にしたんだよ。

シン·チャンウォン日記帳、小学校のエピソード部分放送シーン。
出典:세계일보

一番驚き呆れた日記の内容は、シン·チャンウォンの同棲していた女性が、警察に性的暴行を受けたということ。シン·チャンウォン容疑者を逮捕するために、同棲していた女性の家に潜伏中だった警察が性的暴行をしたという事実が明らかになり、警察に対する非難が高まった。当該警察は直ちに罷免と共に拘束。

シン·チャンウォンを逮捕するために総動員令を下した警察と政府は警察官たちに、シン·チャンウォンへの本格的な銃使用を許可し、指名手配の懸賞金を当時、韓国史上最高額の5,000万ウォンに引き上げた。現在に換算すると約2~3億ウォンの価値。

‟シンチャンウォンに罰金ステッカー発行。 魂が抜けた警官たち”
出典:경향신문

約15万人の警察が総動員され、検問・捜索に乗り出し、動員された延べ97万人、専従捜査員だけで数百人がシンチャンウォンを追跡したが、荒唐無稽なことは続いた。

住民の情報提供によりシン·チャンウォンを逮捕した場合もあったが、交番に連行する際に逃し隠蔽したが、懸賞金の問題で発覚し、200万ウォンの合意を試みたりもしたし、ソウル地下鉄駅では室内で喫煙中だったシンチャンウォンを摘発して反則金ステッカーを発付し、大邱ではシンチャンウォン車両の日除けのシートが濃いため、不法付着物で反則金ステッカー発付。すべて他人の身分証を提示したにもかかわらず無事に通過。ここまでくるともう、笑えない。

シン·チャンウォンの大犯罪は、脱獄3ヵ月目には同棲の女性の兄が暴力事件に巻き込まれると、告訴状を代わりに書いてあげるために警察署に2回、検察に2回も直接訪れたという事実。 脱獄囚が!

1999年7月ニュース “警察、11番のシンチャンウォンまた逃す” 
出典:KBS

この時に生まれた新造語が四字熟語「神出鬼没(신출귀몰)」をパロディ化した「申出警没(신출경몰)」。

シン·チャンウォン(申昌源)が出没すれば警察は没落する

そして「警察人事権者のシンチャンウォン」。彼が通り過ぎた場所は警察が焦土化したから。
シンチャンウォンのせいで問責された警察が計57人、そのうち総警級(警察署長)以上だけで10人。

これまで出たニュースのヘッドラインを読んでみても分かるが、シンチャンウォンは文字通り韓国警察と政府を根こそぎ揺さぶった脱獄囚だったのだから、彼の逮捕ニュースは単なる速報ではなかったのだ。

アシアナ墜落事故とシン·チャンウォン。

ヒドに対する彼女の言葉のように、彼女の選択を非難するのは簡単ではなさそうだ。

おはる
おはる

このくらいの事件なら、作家がシンジェギョンを憎んでいるのではないかと疑う程(笑)

韓国最高の懸賞金と韓国初の子犬の懸賞手配

警察庁は全国の各警察署にシン·チャンウォンの様々な変装モンタージュを配布
出典: 연합뉴스

2年6カ月、全国各地でシンチャンウォンが “申出警没” している間、警察ではあらゆる手を使って彼を捕まえようとした。

身分証の確認もまともにせず、罰金のステッカーを発行した警察が、シンチャンウォンは変装が上手で女装もできると、様々な種類のモンタージュを配ったり、バスターミナルと道路の検問、逃走期間中ずっと変わっていた彼と同棲していた女性を集中的に監視したりもしたが、ひたすら徒労に終わった。

それでも信頼できるのは市民の情報提供だったが、当時の時点では最高額の懸賞金だったため、国民にとってはいつも話題になり、毎日数十~数百件の情報提供電話が殺到したという。業務麻痺(笑)

公式的に警察が見逃した回数だけで10回を超え、あざ笑われた警察は、もう1つの指名手配を追加する。シンチャンウォンが飼っていたトリ」。

シンチャンウォンの犬(개)指名手配
(韓国では普通のペットの犬は”カンアジ(강아지)“と呼び、ものすごく大きい犬でない限り”ケ(개)“と表さないが、ニュースは”ケ(개)“となっている。写真ではかわいくて小さい犬だったのですごく笑ったニュース)
出典:KBS

韓国史で初めて警察庁の公式懸賞手配になった子犬(笑)
みんなで指名手配わんちゃん第1号! “トリ”の凛々しい写真を見てみよう!

指名手配された “トリ” の特徴は、2~3歳の白いモルティスの雄で、体長50-60センチ、身長30センチ、耳の毛は短髪の形だった。
当時、あのニュースを見て、何とかしてシン·チャンウォンを捕まえようとした警察の姿が可哀想ではあった。
子犬の懸賞手配なんて…。

1998年11月、シン·チャンウォン懸賞手配チラシと警察史上初の犬の指名手配チラシ。
出典:KBS

当時、シン·チャンウォンの懸賞金5,000万ウォンは、映画『殺人の追憶(살인의 추억)』(2003)のモチーフだった「華城連続殺人事件」の犯人と共に1位で、その後、映画『チェイサー(추격자)』(2008)のモチーフだった連続殺人犯ユ·ヨンチョルの懸賞金も5,000万ウォンだった。

現在までの公式1位は、2014年セウォル号事件の後に逃走したセウォル号船社、SEMOグループのユビョンオン会長5億ウォンが最高金額だ。

韓国人の中で過去最高の懸賞金は、日本の植民地時代に独立軍義烈団長だった若山 金元鳳(약산 김원봉)に日本がかけた100万ウォン。現在の価値は約360億ウォン

ペコム
ペコム

金元鳳は、映画『密偵(밀정)』(2016)でイビョンホンが、そして映画『暗殺(암살)』(2015)でチョ·スンウが演じた役柄の主人公だ。武装独立運動団体の首長として各種暗殺事件を指揮したため、日本の立場では排除したい第1位だったが、懸賞金100万ウォンの公式記録が残っていないため、金額については議論があるよ。

映画『密偵(밀정)』(2016)、『暗殺(암살)』(2015)のポスター
出典: 싱글리스트 뉴스

そうやって警察を苦しめたシンチャンウォンは1人の市民の決定的な通報で1999年7月16日、ついに逮捕された。なんと907日、2年6ヵ月間ぶりに終焉。

この時の通報の内容も大きな話題となったが、その理由は12話の記事で取り上げようと思う。当時市民通報者の通話内容を聞きながら、この記事は終わり!

[신긔방긔~] 신창원 검거 당시 제보자 112신고 통화내용
シンチャンウォン検挙当時の情報提供者の112(警察)との通話内容 

おすすめ映画・ドラマ

映画『亀、走る(거북이 달린다)』(2009)

脱獄囚のシンチャンウォンをモチーフにした映画。俳優キム·ユンソクが警察として出演。脱獄囚を捕まえるための警察とのエピソードがコミックに描かれている。
네이버영화

映画『チェイサー(추격자)』(2008)

元警察官の金ユンソクとユ·ヨンチョル役の俳優ハ·ジョンウの狂った演技が見れる。少し残忍な場面が多く出てくるが、必ず鑑賞しなければならない程の名作。
Yahoo映画

映画『殺人の追憶(살인의 추억)』(2003)

懸賞金5,000万ウォンだった華城連続殺人事件の犯人を追う刑事(ソン·ガンホ)の話。韓流映画ファンには必須の推薦映画。
映画.com

『レインコートキラー ソウル20人連続殺人事件』(2021)

2021年、Netflixで製作された連続殺人犯ユヨンチョルのドキュメンタリーシリーズ。
Netflix

タイトルとURLをコピーしました