スポンサーリンク

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』ep.11 あらすじ&解説 韓国と日本の宝くじの違い

映画・ドラマで学ぶ韓国
ペコム
ペコム

今回の11話は宝くじに当たった1人の男の話だよ。私たちが日常の中でよくする約束の法的義務と人間の欲の終わりはどこまでか考えてみる回だった。私たちもいつ宝くじに当たるか分からないから前もって知っておこう!

おはる
おはる

そして最初のキス以降、本格的なラブラインを見せてくれるウ・ヨンウ、イ・ジュノカップル~!ネタバレに気をつけて!

スポンサーリンク

韓国と日本の宝くじの違い

韓国のロト、ロット6/45

韓国の代表宝くじロト6/45の番号を選ぶ様子
出典:머니투데이

韓国の代表的な宝くじはロット6/45

1から45番までの数字の中から6つの番号を選んで、全て当てると1等だから、正式名称は “ロット6/45” だ。

ロト7、ロト6、ミニロトのようにいろんな種類の宝くじがある日本と違い、韓国ではロト方式の宝くじはこれ1つだけで、韓国人は6/45を除いてそのまま “ロット” と呼ぶ。

6つの番号を選択する1ゲームの購入金額は1,000ウォンで、毎週土曜日の夕方に抽選するが、選択した番号のうち少なくとも3つの番号が一致する5位は5,000ウォン、4つの番号が一致する4位は50,000ウォンの固定当選金で、5つの番号が一致する3位からは総販売額で当選者数だけ分けて支給する方式なので、その回の総販売額が大きかったり当選者が少ないほど当選金が大きくなる仕組みだ。

ロット6/45の当選金の仕組み
出典:동행복권

2002年12月に第1回の抽選が始まった韓国のロト6/45は、今年1,000回目を超えたが、6つの番号が全て一致する1等の場合、毎週平均7人前後の当選者が出て平均20億ウォン程度の金額で当選している。

これまでの1等の最高当選金は1人が独占した2003年4月の407億ウォン、1等最低当選金は30人が当選した回の4億ウォンだった。

ペコム
ペコム

当時1位が連続で出なくて金額が繰り越され、407億ウォンという最高当選金が誕生したけど、その主人公は江原道在住のある警察だった。今も元気に暮らしているという。うらやましい(笑)

あなたの幸運も国家のもの

韓国ロト6/45最高当選金TOP20
出典:줌뉴스

上の画像・歴代の韓国ロト6/45の最高当選金トップ20の表を見ると、10位まですべて2003年と2004年に集中しているのが分かるが、ここで韓国と日本の最大の違いが分かる。

宝くじ当選に対する認識の違い

その違いについて話すと、2002年12月に第1回が始まり、その翌年4月に最高当選金407億ウォンが出ると、韓国では “ロット狂風” が吹いた。

ペコム
ペコム

当時のロトブームは日本のサマージャンボや年末ジャンボをはるかに上回る水準だったので、文字通り “狂風”。宣伝文句だった “人生逆転” のためにみんな並んでロトを買ったんだ。

46回も1等当選が出たソウルの韓国最多1等当選販売店で並んで待っている人たち(2022年現在まで48回の1等が出た)
出典:조선일보

当時は抽選がある土曜日なら誰もが並んで購入するほどだったが、庶民のこういう姿が気に入らなかったのか、政府ではロトの購入金額を1回1,000ウォンから2,000ウォンに値上げした。総販売額から配る方式なので、当選金が50%減る効果。

さらに、日本にはない1人当たりの購買制限の限度額を10万ウォンに定めて、1度に多く買うことも禁止。

ペコム
ペコム

最高当選金が2004年以後急に減った理由だよ。以前おはると上の写真の韓国1位最多販売店に行って購入したことがあるが、どちらも落選! 5位にもなってないよ~(笑)

儒教のタレバンを象徴するイメージ 朝鮮のカッ(左)とイスラム教武装タリバンの姿(右)
出典:다음뉴스

ウ·ヨンウ第2話の記事で、韓国の同性愛の部分を紹介しながら話した “儒教タリバン” 国家の姿が登場した(笑)

[儒教+イスラムのタリバン=儒教のタリバン]
韓国で儒教精神を過激かつ厳格に強要する文化を批判する時に使う表現。]

幸運を期待して生きてはいけない!あなたの幸運も国のもの!

こういう認識の違いのせいで、日本の宝くじと一番大きな違いは税金。

韓国の場合、すでに総当選金はロト全体の販売額の50%で、購入した瞬間すでに半分は税金で回収されるシステムなのに、当選すればその金額から追加で税金を課す。

5万ウォン超過~3億ウォン以下には22%、3億ウォン超過する金額には33%を源泉徴収。(所得税)

韓国を代表する宝くじ“ロット6/45” 
普通は5,000ウォン分(番号組み合わせ5個)を一度に購入する
出典:디스패치

庶民の夢に税金を課すことはできない” として知られる日本の宝くじの当選金の認識とは大きな違いだ。

そのため、最近の1等当選金は普通15億ウォン~20億ウォンだが、実際の手取り額は10億ウォン~15億ウォンの間で、今は1等に当選してもマンション1軒を購入するほどの金額なので、韓国宝くじのキャッチフレーズだった “人生逆転” までは難しいㅠㅠ 宝くじの人気が落ちた理由だ。

二重課税論議と共に、当選金が小さすぎるという不満が相次いで出てきたが、法を作る儒教タリバンに庶民の夢は反映されていない。

毎月720万ウォンを20年間支給する年金宝くじ720+
出典:머니투데이

最近はむしろ当選金を1度にあげると使い果たす恐れがあるので、毎月分けて受け取れる年金方式の紙の宝くじが登場した。毎月720万ウォンを20年間受け取れる年金宝くじ720+。

国民のお金まで心配してくれる優しい政府(笑)

もちろんこの宝くじもやはり税金を除けば月720万ウォンという広報とは違い、手取り額は550万ウォン程度しかないそうだ。

ペコム
ペコム

今日の回の1等の当選金は合計62億ウォンだから、それでも非常に高い当選金なんだよね(笑) 実際に韓国であった事件で、実話はもっとドラマみたいだというから本格的に見てみよう!!

ロット1等に当たった3人の男
出典:티비리포트

約束か契約か

口頭契約の法的効力

今回の依頼人シン·イルスは賭博場で会った人たちと一緒に宝くじを購入し、1位に当選したら公平に分け合うことにした。

私たちも身近な知人とよくする “口頭の約束“。

彼らが一緒に購入した宝くじが運命のように1等に当選したが、金は人の心を変え、当選用紙を所持した人が約束の履行を拒否している状況。

“口頭契約” は法的効力があるかが今回の回の核心争点だ。

ペコム
ペコム

私たちも当選に備えて言葉に気をつけないと(笑)

1等に当たったシン·イルスのロト
出典:티비리포트

結末を事前に知らせてくれた制作陣のネタバレ

靴が壊れた妻を背負ってハンバダに登場したシン·イルス夫婦が事件を依頼する場面で、チョン·ミョンソク弁護士はお互いを大切にする2人を見て「一対のオシドリのようだ」と褒めるが、ウ·ヨンウがオシドリの実体に対する説明をする場面が出てくる。

当時は「ウ·ヨンウがまた~!空気読んで~(笑)」と笑った場面だが、改めてもう一度見れば制作陣はすでに今回の回の内容と結末を知らせていた。

하지만 실제 원앙은 부부금실이 좋지않습니다. (중략) 결국 암컷 원앙은 혼자서 새끼를 키워야 합니다.
しかし、実際のオシドリは夫婦仲が良くありません。(中略)結局、メスのオシドリは一人で子を育てなければなりません。

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』11話 ウ・ヨンウ

ペコム
ペコム

ウ・ヨンウのおかげでオシドリのオスが浮気鳥だということを初めて知ったけど、最初から完全にネタバレだった(笑)

シン·イルス夫婦とウ·ヨンウの出会い
出典:티비리포트

韓国でオシドリは夫婦の金室を象徴する鳥で、結婚と新婚夫婦の象徴ということでオシドリの刺繍が施された布団が新婦の必需品だった。

鴛鴦衾枕(원앙금침)と呼ばれる布団をかけて結婚初日の夜を過ごさなければならず、刺繍が施された伝統方式の布団は厚くて重くて次第に消えていったが、今でも伝統に従う家では嫁入り道具として用意したりもするそうだ。

オシドリ刺繍枕カバー
出典:부산일보

布団以外にも雌雄のオシドリが伝統風呂敷に積まれた木彫りの人形をたくさんプレゼントしたので、韓国の新婚夫婦の家にはほとんど必須で1つずつはあった。

これもやはり今はほとんど消えたが、新居の壁にかかった大きなウェディング写真とオシドリ人形に象徴されるこのような文化は1990年代、韓国で有名な脱獄囚を検挙する際に決定的な役割を果たしたりもした。

ペコム
ペコム

アフターサービスの担当者が脱獄囚が隠れて暮らしていた家に訪問した時、家の中のすべての家具は新しいものだったが、新婚夫婦を象徴する物が何もなくて疑って通報したんだ。

ソウル・仁寺洞(インサドン)で売られている色んなオシドリ人形

主要争点3つ

今回の事件は大きくこの3つに分けられる。

A. 当せん金を分けるという口頭契約が実際にあったかの判断
B. 実際に口頭契約があったとすれば、彼らが宝くじを購入したお金が賭博場で形成された資金だが、法がこの部分をどのように判断するのか
C. そして口頭契約の証拠がない状態で証言だけでも法的効力があるのか

実際の弁護士の意見を探してみると、Aの場合は立証する資料がなくても原則的には約束は守らなければならないことなので口頭約束も “契約” は正しいそうだ。

これは民法を遡って成文法初期のローマ時代からあった重要な大原則なので、個人間の約束も法が保護する理由は十分だという意見だった。

しかし現代に入ってから証拠と記録の有無を問い詰める例外的状況がむしろ原則のようになってしまった時代的流れのせいで、人々が多く勘違いしているという。

ペコム
ペコム

もちろん口頭契約や約束も法の保護対象ではあるが、立証のために結局証拠は必要になるという追加意見(泣)

裁判中のシン·イルスと賭博仲間の姿
出典:티비리포트

このように個人間の口頭約束も法は保護するが、例外的に法が守ってくれないのが反社会的法律行為だそうだ。

韓国でよく使われる言葉の中に、”ギャンブルの借金ではない“という言葉が存在する理由だ。

当事者間でどんな内容で合意しても契約をしても自由だが、その契約内容を実現することを法的に助けることが社会秩序を害するほど有害な場合、法がその実現を助けることはないという内容。

ガールズグループSESのメンバー、シューはギャンブルの借金6億ウォンを返済できず、提訴
出典:왓헤픈뉴스

一言で言えば、社会的に良くない行動まで法で保護してくれないということだ。

ここでBの争点が生じた。宝くじを購入したお金を賭博場に利用された反社会的な資金と判断するかどうか。

そして証言に対する代価の支払いに対する話がずっと出てくる理由もやはり、代価を望んで誰かに有利な証言をしてくれることもまた反社会的だから。

ペコム
ペコム

2019年にガールズグループSESのメンバーのシューが、ギャンブルの借金6億ウォンを返せず訴えられた時、弁護人が「ギャンブルの借金を返さなければならないのかから問い詰めてみなければならない」と主張した理由がまさにこの部分だ。

ウ・ヨンウの机の上に広げられた本のディテール
出典:Netflix

この部分が核心争点だったのでドラマでも隠されたディテールが出てくるが、ウ·ヨンウがイ·ジュノに会いたいと電話する前の事務室の場面を見ると、ウ·ヨンウの机に置かれた本が民法総則法典。

ペコム
ペコム

さらにビックリなことは、あの本が開かれている部分あたりに、実際に韓国の民法103条 “反社会的法律行為” が出てくる部分で、実際の弁護士たちも狂ったディテールに驚いたという(笑)

そして最後の争点の証言のために宝くじを直接買ってきたハン·ビョンギルを証人として立てようとしたが、彼は韓国に不法滞在中の朝鮮族であるため行方をくらましてしまい、賭博場のコーヒー担当従業員のチェ·ダヒが新しい証人として出てシン·イルスに有利な証言をし、裁判は結局シン·イルス夫婦の勝訴と結論が出た。

3人それぞれ14億ウォンずつ配られる判決。

証言中のチェ·ダヒ
出典:티비리포트

この時、チェ·ダヒの証言をよく見れば、すべてが伝え聞いた話だ。直接聞いたり見たことはない。

お使いのハン·ビョンギルに “こう聞きました~” がすべてだった。

このような場合を専門陳述と言うが、刑事裁判では証拠能力自体が認められないこともあるとし、民事訴訟の場合も完璧に認められないため、実際の裁判では少し難しそうだという弁護士たちの意見があった。

ただ、ドラマには出ていない他の追加資料があれば可能ではあるという意見。

実際の事件とドラマの結末

ドラマよりもドラマみたいだった実際の事件の話

裁判中、チェ·ダヒに指ハートを送るシン·イルス
出典:티비리포트

この事件もやはり実話の事件でチョ·ウソン弁護士の『一つの喜びが千の悲しみに勝つ(한개의 기쁨이 천개의 슬픔을 이긴다)』に収録されている事件だ。

実際の事件では4人で毎回ゲームを始めながら、幸運を祈ろうという意味で賭け金からお金を引いて宝くじを買ってきて、後で当たったらその当選金を公平に分け合おうと約束したそうだ。

当時、1等の当選金は税金を除いても60億ウォン程度で、1人当たり15億ウォン。

チョ·ウソン弁護士は当時、勝算が大きくないと思って事件を引き受けようとしなかったが、ドラマの内容のように母親の友人の知人だったので仕方なく受諾したという。

ペコム
ペコム

ママ友チャンス成功! (笑)

奥さんに乱暴するシン·イルスの姿
出典:조선일보

実際の事件では被告が控訴したため、2審までほぼ1年以上かかり、その間に夫婦関係に変化が生じ始めたという。

1審までは夫婦でよく訪ねてきたが、2審を進行する間はほとんど訪問しなかったとㅠㅠ

後で弁護士が調べてみたら、1審判決後、酒を飲んで暴行したり外泊を頻繁にして他の女性と同居を始めた夫の執拗な離婚要求のためどうしようもなく離婚に同意し、訴訟中の当選金の財産分割については訴訟が終わった後に再び議論することにした。

チェ·ダヒと去るシン·イルス
出典:아이뉴스24

だが、2審で最終勝訴した夫は当選金の分配をせず、夫婦間の約7ヶ月間の訴訟の末に裁判所は夫の手を挙げてくれた。

宝くじ当選金は “幸運” によるもので、夫婦が共同で努力して増殖した財産ではないため、財産分割の対象ではないという結論。

実際の事件の妻は毎月200万ウォンの養育費、5,000万ウォンの慰謝料だけ支給されることで終了ㅠㅠ

視聴者を驚かせた事故シーン
出典:티비리포트

しかし、夫婦の裁判が終わって約6ヵ月後、妻が再び弁護士を訪ねてきた理由がもっとドラマのような内容だった。離婚した夫がひき逃げ交通事故で死亡したというニュース。

ドラマでシン·イルスの突然の事故シーンのせいでみんな驚いたと思うが、実際の主人公が交通事故で死亡したのだ。

死亡当時、親や法律上の妻がおらず唯一の相続人は、前の妻が育てていた1男1女の子どもたちだったので、前の妻が相続財産の管理人になり、シン・イルスが事故の1カ月前に高額の死亡保険に加入し、子どもたちに追加で5億ウォン相当の死亡保険金が支給されたという話。

シン・イルスの妻と驚いたウ・ヨンウの様子
出典:티비리포트

当選金の分配を受けるための熾烈な法廷闘争と、離婚時の財産分割金を占めるためのもう1つの法廷闘争。 そして、その闘争の虚しい終わり。

ペコム
ペコム

もし最初に宝くじ当選金分配訴訟で敗訴していたら、夫婦にはどんなことが起きたのだろうかと考える人間の果てしない欲の話。

弁護士の義務とク·ハラ法

塩君・コショウちゃんの例を挙げてヒントを与えようとするウ·ヨンウとイ·ジュノ
出典:인사이트뉴스

塩君・コショウちゃんの例を挙げて、弁護士の職業倫理を危険にさらしながらも妻を助けようとするウ·ヨンウの行動が個人的にはかなり不便だったが、それでも応援するしかなかったのはシン·イルスの行動に対する怒りと妻に対する同情心のためだろう。

実話の事件もドラマの結末もまるで “勧善懲悪” の童話のように終わったが、ただ痛快ではなかった理由は人間の欲を目撃したためだろうか。

シン·イルスの奥さんを応援して、それでも良かったなとは思ったが、逆の場合も世の中にはたくさん起きている。

ク・ハラ法と呼ばれる民法第1004条改正案の核心の内容
出典:머니투데이

日本でも有名なガールズグループKARAのメンバーだった故ク·ハラさんが2019年に私たちの元を去った時、韓国人をさらに悲しませたニュースは彼女の財産をめぐる裁判ニュースだった。

ク·ハラが9歳の時に家出し、約20年間連絡がなかったク·ハラの実母ソン某氏の弁護人たちが、ク·ハラが所有していた不動産売却代金の半分を要求しているというニュース。

現行の相続法には親が養育義務を果たさなかった時、相続資格を制限する特別な規定がないため、実母にク·ハラの財産の相当部分が渡されることになるという話だった。

ク·ハラの兄側では、現行相続法の改正を促すために2020年、ク·ハラ法制定のための国会国民同意請願を行い、怒った国民10万人の同意を得て国会常任委員会に回付された後、2021年6月に政府の法律改正案が確定した。

10万人の同意を得たク·ハラ法請願の画面 
国会の国民同意請願は10万人以上の同意を得れば常任委員会に回付して議論しなければならない(2022年からは5万人以上に変更)
出典:베이비뉴스

ク·ハラ法” は、相続の欠格事由を規定した民法第1004条に “被相続人の直系尊属として扶養義務を顕著に怠った者” を追加しようという内容だ。簡単に言えば、子どもを知らないふりをした親は子どもの財産を相続できないようにしようということだ。

この法案は2021年に政府の改正案が確定したが、まだ国会で通過できずに係留中の状態だ。

もっと至急で重要な案件に押されて処理されていないこともあるが、類似の法案が全世界的に現在日本だけに存在しているという点を考えなければならない。

なぜ他の先進国にはこのような法案がないのかも考慮しなければならないのだ。

ク·ハラの兄がク·ハラ法の財政を訴えて掲載したインスタグラムと幼い頃の兄妹の写真
出典:kbs뉴스

国民の法感情的な側面から見れば、当然通過させなければならない法案のように見えるが、問題が簡単ではない。

相続制度が法律で存在する理由は結局、被相続人が死亡した時点で相続財産に対する権利を明確にして相続人間の葛藤を予防しようということだが、このような点を考慮すればク·ハラ法がむしろ相続人間の葛藤と訴訟を煽る逆効果になりうるという意見が多い。

ク·ハラ法を議論中の2021年の国会政策懇談会の様子
出典:베이비뉴스

“扶養義務” と言っても、何歳の時からどれだけの義務を遂行すれば扶養義務を果たしたと見ることができるのか、どの程度をすれば義務を果たしたと判断するのかなどの解釈が異なるしかなく、結局このような部分を争うためにはもっと多くの訴訟を経なければならないという部分があるのだ。

特にこの場合には相続がなされる前はもちろん、相続後でも紛争の火種が消えないこともありうるということであり、家族の扶養義務に対して裁判所が判断する領域が正しいかに対する批判まで提起されていて非常に難しい問題だ。

第10話に登場したミランダの原則
出典:디스패치

〇〇法という人の名前が別称がある法律は、ほとんど何らかの大きな事件をきっかけに作られるが、新しく作られた法律だからといって皆に良い作用ばかりするわけではないから。

前回の回で紹介した “ミランダの原則” もまた、色々な皮肉な状況があったことも確認したし。

結局、法というのは軽く、簡単で、感情的であってはならないと思うので、今回を含めた最近のウ·ヨンウの歩みは弁護士としては良くない姿だと思っている。

ペコム
ペコム

弁護と法律に対する悩みよりはウ·ヨンウ個人の感情だけ先走っている感じがするㅠㅠ

塩くん・コショウちゃん
出典:Netflix

新しい愛

下手な愛、ウ・ヨンウとイ・ジュノカップル

スタッフまで惚れた初キスメイキングフィルムシーン(スタッフ「わぉ~きれい!」)

前回の初キスの場面が再び登場し、最初から視聴者をときめかせたが、今回は本格的なラブラインを見せている。

イ·ジュノに会いたくて会社の入り口で待っていたというウ·ヨンウのストレートな発言と、そんな彼女をとても愛らしく見つめるイ·ジュノの表情。

ペコム
ペコム

腹黒い男イ·ジュノを早く刑務所に行かせろ~!(笑)

イ・ジュノさんに会いたくて待っていました。

悩みを聞いてみるハン·ソンヨン代表の質問に、キスする時に息をする方法が気になるというウ·ヨンウの頭の中は一面イ·ジュノでいっぱいだ。

まるでクジラのように頭の中に突然浮かんできて、しきりに会いたいと思う人間は初めてなので、とてもおかしいというウ·ヨンウは真夜中にイ·ジュノとビデオ通話もし、事務室では露骨な社内恋愛の姿を見せながら愛を育てている。

ペコム
ペコム

のり巻きがごま油を告訴したといかいうギャグはお願いだからやめろ~(笑)トン・グラミとひげ店長は恋愛助言を禁止しなければならない(笑)

社内恋愛中のウ·ヨンウ、イ·ジュノカップル
出典: K트랜디뉴스

上手な愛、チェ·スヨン&イ·ジョングォンカップル

チェ·スヨンはひげ店長との合コン失敗後、クラブで会った男のイ·ジョングォンといい関係を継続中だ。

風邪をひいたようだというチェ·スヨンのために会社に訪ねてきたイ·ジョングォンは、ハチミツ水とレモンなど各種材料が入った体に良いカクテルを持ってきてくれて、「必ず来てこそ幸せ」という花言葉のマリーゴールド花束をプレゼントした。

誰が見ても惚れるしかない”上手さ“。

チェ·スヨンがもらった「体にいいカクテル」
出典:Netflix

イ·ジョングォンのすらりとした外見に相手を虜にする上手な話術と洗礼されたマナーは、頑なにイ·ジュノの出勤を待ったり、真夜中に突然ビデオ通話を試みるウ·ヨンウの下手な姿とは非常に対照的だ。

電話を切ろうとするウ·ヨンウに自分の意見も確認してほしいというイ·ジュノの発言のように、2人の出会いは一つ一つ多くのことを学び配慮しなければならない出会いだ。

突然のビデオ通話を準備するイ·ジュノ

たとえチェ·スヨンカップルの出会いはイ·ジョングォンが専門詐欺師という結末になってしまったが、対照的な2カップルの姿は今始まったばかりのウ·ヨンウ&イ·ジュノカップルの未来が容易ではないことを示している。

詐欺が上手なイ·ジョングォンと恋愛には下手だったチェ·スヨン、配慮が自然なイ·ジュノとすべてが下手なウ·ヨンウ。

まだイ·ジュノの配慮によって関係が維持されているが、愛は一方的に流れる一方通行の心だけで完成するものではないことを見せたかったのではないかと思う。

続いた場面でウ·グァンホがウ·ヨンウに自閉症の専門治療に対する意見を尋ね、留学を悩む場面もまた、そのため追加された場面ではなかっただろうか。

ペコム
ペコム

愛も家族関係もお互いの “疎通” が優先であり、その疎通に誤りがある場合、チェ·スヨンのような結末が来る可能性があるという。

詐欺師の正体を知ってから怒ったチェ·スヨンの姿
出典:네이트뉴스

ハグチェアと2回目のキス

宝くじの当選金で始まり、しょうゆ弁護士まで続いた今回の話は、結局シン·イルスの交通事故で終わった。

視聴者も驚き、ウ·ヨンウも驚いた場面で、イ·ジュノは狂った広さの肩でウ·ヨンウをかばってくれた。

賭博場の宝くじとウ·ヨンウカップルの社内恋愛、チェ·スヨンカップルの詐欺男事件、シン·イルス夫婦の離婚過程まであまりにも多くの場面の転換があって集中が容易ではなかった回だった。

そんな中、いきなりあまりにもリアルな交通事故の場面まで。

狂った肩を自慢しながら走ってくるイ·ジュノ

視聴者の立場で場面転換が多すぎて感情線を維持することも容易ではなかったのが、直前の場面でウ·ヨンウの発作が出て心配だったが、次の場面はとても平穏に2回目のキスをするウ·ヨンウ、イ·ジュノカップルの姿。

それでもそこで仕上げてほしいが、それを目撃するウ·グァンホに、再び登場したエンディング妖精のテ·スミとクォン·ミヌの権謀術数シーンまで。 多すぎるよ(笑)

ペコム
ペコム

夏休みの最後の日に宿題をするように、あまりにも追われるように多くのことを入れた感じㅠㅠ それもあってクォン·ミヌの行動も今は全く共感ができない。

ウ・ヨンウ&イ·ジュノカップルの2回目のキス

それでも恋愛塾の優秀受講生らしく、感覚過負荷状態の時に体に圧力をかけると不安が緩和されるとし、ウ·ヨンウの自閉についてすでに多くの勉強をしている姿を見せてくれたイ·ジュノ。

フランスには自閉症の方のためのハグチェアがあるとし「私がなってあげます。 ウ・ヨンウ弁護士専用のハグチェア」という素敵で甘い言葉を残し、2回目のキス。

人間の欲、そして疎通と抱擁という単語と共に11話の宝くじの話は終わり。

ペコム
ペコム

集中が大変だったけど結末が気になって熱心に鑑賞した!次の12話は韓国で一番議論が多かった回だから今から心配だね(笑) 12話で会おうね~!

リモコンで圧力強度を調整できるフランスのハグチェア
出典:국제뉴스

タイトルとURLをコピーしました