スポンサーリンク

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』ep.12-2 あらすじ&解説 フェミニズムのドラマなのか?論争

映画・ドラマで学ぶ韓国

ペコム
ペコム

前回の記事で12話放送後に起きたものすごい論争の理由の1つを話したけど、本当の核心は今日話そうとするテーマだよ!”フェミニズム論争”! 韓国では非常に敏感で慎重な問題なので、ドラマ『ウ·ヨンウ』のファンの立場から簡単に紹介したいと思う!

おはる
おはる

恋人たちが付き合い始める基準は何なのかウ・ヨンウ×イ・ジュノカップルの話も聞いてみよう(笑) クジラカップルのカカオトークの会話もあるよ~ ネタバレに気をつけて!

スポンサーリンク

『ウ·ヨンウ』はフェミニズムドラマ?

パク·ウォンスン前ソウル市長と韓国初のセクハラ裁判

ソウル市長の元秘書が2017年以降、継続的なセクハラを受けたとして警察に告訴状を受け付けたこの事件の衝撃が大きかったのは、これまでパク市長が見せてきた “女性人権弁護士” としての歩みと非常に交錯したためだ。

パク市長が女性人権弁護士として名前を知られるようになったのは、1993年 “韓国初のセクハラ事件裁判” の担当弁護士だったからだった。

1994年の1審判決直後、被害者の女性が記者団のインタビューに答える様子
出典:중앙일보

“ソウル大ウ助教セクハラ事件”と呼ばれるこの裁判は、ソウル大女性助教のウ某助教がA教授からセクハラにあったと告発した事件で、当時パク·ウォンスン弁護士は6年間の法廷攻防の末、A教授がウ助教に500万ウォンを支給せよという最終判決を引き出した。

この判決をきっかけに韓国では、性的暴行、性醜行(体を触ったりする)だけでなく、性戲弄(言葉による性的なひやかし)も明白な不法行為だという社会的認識ができ、セクハラの概念が実定法に導入される、韓国女性の人権において大きな影響を与えた裁判。

ペコム
ペコム

言葉による性的な冗談や女性卑下も犯罪だという判決で意味が本当に大きい。

“男性の意識から変わらなければなりません”(1995年当時「ソウル大学セクハラ事件」被害者を弁護したパク市長の記事
出典:허프포스트코리아

当時、パク市長が告訴状に書いた最後の文章は特に印象深かった。

호숫가에서 아이들이 장난삼아 던진 돌멩이로 개구리를 맞춘다. 아이들은 장난이지만 개구리는 치명적인 피해를 입는다.
湖畔で子どもたちがいたずらに投げた石ころでカエルを当てる。子どもたちはいたずらだが、カエルは致命的な被害を受ける。

当時の告訴状に書かれた最後の文章

この事件でパク市長はこの年の “韓国女性運動賞” を受賞するほど、誰よりも韓国の女性人権について努力していた人物であり、その後も各種女性関連裁判や日本軍慰安婦被害者の問題解決のための法的支援活動にも参加した。

この時には「過去を記憶できない人はその過ちを繰り返すしかない」という言葉を残した。

韓国のフェミニズムと “被害訴え人”

「パク·ウォンスン、そんな人じゃない」vs「2次加害」
出典:뉴스프리존

ソウル大学に入学し、1975年に朴正熙(パク・チョンヒ)政権に反対するデモに加担したという理由でソウル大学から除籍された後、韓国を代表する女性人権弁護士と呼ばれ、2011年、2014年、2018年に3連続でソウル市長に当選するほど国民から選ばれたパク·ウォンスン前市長。

そんな人のセクハラ(性暴力)事件は皮肉にならざるを得ない。

韓国の女性人権運動界の象徴ともいえるパク市長が関与すると、当時の韓国の主要の女性運動団体や進歩政党の民主党の姿はさらに衝撃的だった。

被害訴え人(피해호소인) ”

“被害訴え(피해호소)”の用語を使用した当時の共に民主党の議員たち
出典:서울경제신문

性犯罪被害者を被害者と呼ばずに “被害訴え人” という生まれて初めて見る名称に変え、加害者とされるパク·ウォンスン前市長を保護しようとする姿。

女性人権運動をしてきた人々が被害者にむしろ2次加害をする姿。

この時、自分たちの過ちには寛大で二重的だった韓国フェミニズムの姿を見た人が多いため、韓国のフェミニズム運動に対する反発と失望が大きくなった時期だ。

ペコム
ペコム

下の国会議員と長官の女性の割合を見ても、国民たちは女性の人権のために支持してきたが、自己省察のない盲目的なフェミニズムを応援しているわけではないからだㅠㅠ

韓国の女性国会議員の割合(左)、女性長官の割合(右)
増加傾向にある
出典:다음뉴스

制作陣はフェミニスト?

制作陣の連続した無理手

8話に登場するウ·グァンホの過去のシーンの家の住所
出典:네이트뉴스

議論がさらに大きくなったのは、ウ·グァンホとテ·スミの過去のシーンに登場した家の住所が決定的だった。

雨が降る夕方のシーンなのでよく見えないが、拡大してみると “漢南洞(ハンナムドン・한남동)74

“ハンナム(한남)”という単語が韓国の過激派フェミニズム団体で韓国の男性を卑下する時に使う単語だというのが問題だった。

“韓国(ハングク・국)男子(ナムジャ・자)” を略してハンナム。(主にその後ろに+虫をつけて“ハンナム虫(한남충)”と表現)

漢南洞74 実際の地図検索画面(74番地は存在しない)
出典:카카오맵

もちろんソウル龍山区には漢南洞があり、製作陣は責任を避けることができるが、詳細住所の“74番地” の方が問題。

この数字 “74” もまた、過激派フェミニズム団体で韓国男性の性行為を卑下する時によく使う表現だからだ。無責任な性行為を意味する数字表現。

※数字7(チル・칠)と発音が似ている女性の性器名称
 数字4(サ・사)女性性器の中に出す(サダ・싸다)
 →韓国男性は無責任に性行為を楽しむという意味、西洋の69のように性行為を象徴する数字

よりによって男女が “産むか、中絶か” を葛藤する状況で、無責任な妊娠を象徴する数字74が出る?

漢南洞74を地図で検索画面にすると73と75は存在するが74は存在しないため、さらに議論になった。あの場面に住所の標識が必ず必要だったわけでもなく、あえて住所にもない地番をわざと作って使ったということだから。

ペコム
ペコム

これは本当に私がみても到底中立を守ることができない作家と製作陣が一線を越えた場面だと思う。私のドラマを台無しにしないで~~~!!!

男はみんな悪役?

1話の家父長的な悪い夫
出典:위키트리뉴스

この辺で今回のすべての場面が再びオーバーラップされるが、

●性差別的判事の前で自分が叔母に当たると厳しく忠告するリュ·ジェスク弁護士の断固たる姿(しかし、裁判中はこれを利用するために引き続き判事の姓を力を入れて呼んでいた両面性)

●裁判所を出てきて、突然相手側の証人と抱き合って泣きながらたい焼きを買って食べる不思議な感受性

●社会的共感能力が問題の自閉弁護士ウ·ヨンウが、突然この社会をより良くする人権弁護士になりたがる

●裁判の敗北にも笑いながら “負けたけどよく戦った” と叫ぶ堂々とした女性たちの姿を見せる

●相手の “女性” 弁護士だけを招待し、女性同士でビビンバを食べながら詩を朗読するユートピア的な場面

●まるで勧善懲悪のようにお金だけを追いかけて企業の立場で弁護していた韓国人男性弁護士(チョン·ミョンソク)は血を流しながら締めくくり。

第6話の母性愛深い母
出典:위키트리뉴스

回を通して異常な展開があまりにも行き過ぎだと思ったが、ここまで来たら他の人たちが言うように、シリーズ全体が疑わしい状況にまでなるのだ。

第1話で家父長的な夫は悪党で、第2話では娘には関心なく補償金だけを欲しがる父と突然同性愛を擁護する結末が出て、第4話は土地の補償金に狂った兄弟、第6話では犯罪者の母性愛だけにフォーカスを合わせ「これでいいのかな?」と思い、第9話では児童誘拐犯を美化しすぎて混乱し、第10話では男は愛だと主張しても障がい者強姦犯、第11話では家族を捨てた家の長まで…

さらに主要な登場人物も、誰よりも公正だった権某術数クォン·ミヌは突然妬みと嫉妬の化身になって社内告発に不法まで犯し “ピッ·ミョンソク(光のミョンソク)” と呼ばれたチョン·ミョンソク弁護士の健康悪化エンディングまで。

ペコム
ペコム

こんな状況だから、シリーズ全体でイ·ジュノを除いた男は皆悪役だったという話まで出ている状況だㅠㅠ

健康が悪化したチョン·ミョンソク弁護士
出典:티비리포트

ウ·ヨンウはよい弁護士だろうか?

この過程でウ·ヨンウは、弁護士の義務を忘れたまま不法を犯したり、感情的な人権弁護士を夢見ているので、私たちが応援していた自閉弁護士のウ·ヨンウなのか?という状況まで至った。

今は真剣に「ウ·ヨンウは良い弁護士なのか?」という疑問が出てくる。実際の状況、現実なら私の事件を信じて任せられるだろうか?という思い。

事前情報の記事から読んできた方がいたら、褒めていたオープニングについての話を覚えているだろう。

童話のような色合いの可愛らしいオープニングとストーリー

個人的に8話までは作家のメッセージがあっても、それを伝える方法の濃度が薄くてドラマ画面の童話のようなトーンとすごくよく合っていて良かった。

ところが9話に続き今回までも、メッセージの濃度がかなり濃くなって童話の雰囲気はあっという間に消えて作家の思想を強制的に注入させようとする感じㅠㅠ

オープニングシーン

ウ·ヨンウは確かに裁判に勝つ弁護士ではない。

このドラマは、裁判にどのように勝つかを見せるのではなく、裁判を通じて私とあなたが一緒に生きていける方法を教え、ウ·ヨンウも学んで成長していく面白さを与えるものと思うが、ウ·ヨンウのキャラクターがますます俳優パク·ウンビンが持っている外見や演技力だけに依存するドラマになっているようでとても残念だ。

最近、ウ·ヨンウは何と言うか、感情的に接近するだけで問題を起こし、弱者の考えに共感する人間的な面だけが強調されているため、法廷シーン自体の期待要素がなくなった。

ペコム
ペコム

この時は、本当に13話から続けて視聴しなければならないのか悩んだ時点だった。解説記事が急に止まった理由(笑) 事前情報の記事で作家のショートカットヘアの写真を見て「まさか?」と思った人たちの予想が誤った偏見だったことを願って、どうかこれ以上無理をせずに16話まで仕上げてほしいだけㅠㅠ

ムン·ジウォン作家
出典:한국경제

おはる
おはる

うーん、もし制作陣がフェミニストなら、パク·ウォンスン市長を攻撃すべきではないの?こんがらがるんだけど(笑)

ペコム
ペコム

そう、だから矛盾していて二重的だということだよ。もちろんパク市長の犯罪有無が確定したことはないのでむやみに言ってはいけないけど、むしろ美化に近い放送をした理由はパク市長の良い姿だけを見せたいとか、パク市長の性犯罪疑惑自体を否認して肩を持つ姿に映るのだ。女性運動界の大きな役割を果たしていた “味方” のパク市長はそんな人ではない っていう感じじゃないかなㅠㅠ

私たち付き合ってるんですよね?

始まりはどこから? イ·ジュノの寂しいですね集

ドラマは論難に包まれた中で、“クジラカップル” のウ·ヨンウとイ·ジュノは奇抜なデートで笑いとときめきを醸し出した。

前回2人のキスシーンを目撃した父ウ・グァンホの質問に、付き合ってはいないというウ・ヨンウの答えは、ウ・グァンホの心をさらに辛辣にさせた。

ペコム
ペコム

こんなにキスしているのに、違うと言ったらパパ死ぬよ~(笑)

ウ·グァンホが目撃したクジラカップルのキスシーン

ウ·ヨンウとイ·ジュノはウ·ヨンウのデートでしたいことリストにあった “水族館前で水族館イルカ解放デモ” 、“漢江ジョギングデート兼ゴミ拾い” 、“のり巻きツアー” などを1つずつ実行していった。

イ・ジュノが選んだゲームセンターの間違い探しまで。

ペコム
ペコム

3時間もやってるのに1人で全部探しちゃったら、私だったらペンを投げて家に帰ってるよ(笑) ウ・ヨンウ~空気読んで‼(笑)

イルカ解放デモ中のクジラカップル
出典:티비리포트

デートリストを1つずつ実行したが、イ·ジュノの証言では、漢江沿いでのジョギングは1日中本当にゴミだけを拾って、一般的なデートだったというグルメツアーは1日中のり巻きだけを食べる “のり巻きグルメツアー” だったそうだ。

父親にキスがばれたが、まだ付き合っているわけではないので父親に連れて行かないというウ·ヨンウの言葉に、イ·ジュノは「私たちはまだ付き合っているのではないんですか?」と悔しそうに尋ね、ウ·ヨンウが作ったデートリストがとても見慣れないとし、自身の感情を率直に話した。

ペコム
ペコム

遅ればせながらクジラカップルがデモしたウ・ヨンウカフェに行ってきたよ~(笑)

京畿道金浦市にある수산공원というカフェ 
大きなモニターにはクジラの映像が流れる @ium

それでは「なぜ私とデートを続けるんですか?」と聞くウ・ヨンウにイ・ジュノは、

좋아하니까요. (중략) 우리가 아직도 이렇게 사귀는 게 아니에요? 정말, 참, 너무 섭섭하네요 정말
好きだからですよ。(中略)私たちこれでも付き合ってるんじゃないですか? 本当に、本当に寂しいですね。

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』12話 イ・ジュノ

と残念な気持ちを爆発させた。

それでも「本当に、本当に、とても」の間に休息呼吸で自分を落ち着かせるイ·ジュノは善良な男に違いないように見える。それくらいなら優しい男と認める! (笑)

ペコム
ペコム

初めての告白の時、”寂しいですね” で人気を集めたが、今ではシリーズを作っているイ·ジュノ(笑)

イ·ジュノの「寂しいですね」シリーズ

おまけ1. ウ・ヨンウカップルのカカオトークトーク公開

前回に続き今回もウ·ヨンウ、イ·ジュノカップルのラブラブな姿がたくさん出てきたが、2人がメッセージを送っているとしたらどんな内容だろうか?仮想のカカオトークの会話が韓国で話題になった。

2人の性格が表れるラブラブな仮想のカカオトークの会話を見てみよう(笑)

ウ・ヨンウ、イ・ジュノカップルの仮想カカオトーク会話
出典:에펨코리아

おまけ2. ウヨンウカップルの運命を暗示するヒント

また、ウ・ヨンウのデートリストにあったリストを 1つ1つ進行中の2人。

その中で7番目の項目を見ると、天文台で “イルカ座を見る“。

ウ·ヨンウのデートリストの内容
出典:위키트리 뉴스

ウ·ヨンウはイルカ座は晩夏、秋の夜空で見られるのでよく見える季節に行くと書いてあるが、ネチズンたちによるとイルカ座にまつわる神話には海の神ポセイドンのプロポーズの話があるそうだ。

ポセイドンはアンフィトリテという海の妖精と結婚したがっていたが、彼女はプロポーズを断ってポセイドンから逃げて隠れたが、あるイルカがアンフィトリテを訪ねて説得し、ポセイドンに連れて行き、2人を繋げたという話。 ポセイドンが感謝の意味でそのイルカを星座にしたそうだ。

ペコム
ペコム

イルカが星座になって嬉しかったのかどうかは分からないけど(笑)

イルカ座
出典:위키트리뉴스

ドラマのファンは「リスト7番目のイルカ星座を見ながらプロポーズして、8番目のクジラのしっぽの形の原木まな板を作って父にブーケとまな板をあげたらいいな」と2人の結婚に対する暗示だと考えているようだ。

ペコム
ペコム

もし本当の結婚までつながったら、もう一度イ·ジュノのぼーっとした表情を見ることができそう(笑)

ウ・ヨンウ「惚れましたか?」

ペコム
ペコム

ファンの願いとは裏腹に、変な論争が何度も起きていて大変な12話だったが、残りの話が無事に終わって2022年夏を熱く盛り上げたドラマとして長く記憶されてほしい!ドラマ『ウ·ヨンウ』 ファティン!(笑)

タイトルとURLをコピーしました