スポンサーリンク

映画『ユゴ 大統領有故』レベルC “1人のために作られた法律” 朴正熙の裏金

映画・ドラマで学ぶ韓国
ペコム
ペコム

映画『ユゴ 大統領有故』もこの記事が最後だよ!

レベルA、Bがまだの方は、先にA、Bの記事を読むことをオススメします!

あの時、あの人たち その後の話

映画『ユゴ 大統領有故』の登場人物と実際の人物
出典:시사저널

10月27日0時40分、金載圭は鄭承和(チョン·スンファ/정승화)参謀総長の指示で保安司に逮捕された。 映画の最後のシーンのように保安司令部 “西氷庫” に連行された金載圭は裁判控訴理由書で「夜明けに連行されるやいなや捜査官が無差別に殴打し、電話線を指に巻いて電気拷問まで受けた」と明らかにした。 情報部長になる前、自分が保安司令官だったことを考えると悲惨な過程。

実際、行き場を失ったまま、光化門前の夜の街をさ迷っていた朴ソンホ(チュ課長)は、南山の情報部に立ち寄った後、明け方6時頃、妻の実家に帰った。 金載圭の所在について状況を把握したのだろう。そして妻と義母に事実を打ち明け自殺しようとしたが、敬虔なクリスチャンである妻が引き止められ、朝自ら南山に行き、保安司要員に連行された。

国防部に残っていた朴フンジュ大佐(ミン大佐)は武装解除された後、陸軍本部を抜け出して南山の中央情報部に行ったが、彼を待っているのは陸軍本部に入ってこいという全斗煥保安司令官のメッセージ。 朴大佐は指示に応じず、午前4時30分頃、自宅に戻り、妻に会い、中央情報部本庁の事務所にいたが、27日午後3時、保安司要員に逮捕された。

裁判の証人 朴ソンホ課長(左)と朴フンジュ大佐(右)
出典:조선일보

海兵隊の先輩であるチュ課長の指示に服従した宮井洞安家 警備員のイ·ギジュ(映画ではクォン·ヨンジョ)と、非番の日に家で休んでいたが出勤した別の警備員のキム·テウォン(映画ではチャン·ウォンテ)は、安家警備員の控え室にいたが、27日正午、保安司要員たちに逮捕。

当時、警備員のキム·テウォンが事件後、確認の射殺をする時、厨房で被弾して倒れていたパク·サンボム警護員は運良く生き残り、その後、金泳三(キム·ヨンサム/김영삼)政権時には大統領府警護室長を務めた。

国軍ソウル病院で大統領の遺体を守っていた情報部運転手のユ·ソンオク(ウォン·サンウク)とソ·ヨンウクは国務委員らの訪問後、現場ですぐ逮捕。

わけも分からないまま、ただ上の人の指示に従わなければならなかった10·26事件の助役たちの運命を分けた長い1日はこうして終わった。

安家で現場検証中の金載圭部長(左)と朴フンジュ大佐(右)の実際の様子
出典:중앙일보

10·26事件直後、崔圭夏(チェ·ギュハ/체규하)権限代行が宣言した戒厳令が非常に大きな悪手になってしまうのだが、それは戒厳令宣言によって実質的な国家統制権が軍部に渡ったからだ。

結局、12・12クーデターを通じて全斗煥保安司令官が政権を掌握し、一審裁判の結果、1980年1月28日、キム·ゲウォン秘書室長を除く全員が「内乱目的殺人及び内乱首魁未遂」で死刑宣告。

13人の裁判官のうち、6人の裁判官は「独裁を拒否するための行動として内乱罪が不成立」するという少数意見を出したが、彼らはその後、いずれも左遷されるか罷免され、現役軍人の身分だったパク·フンジュ大佐(民大佐)は単審制だった軍事裁判の結果、死刑が宣告され、1980年3月6日に銃殺刑で死亡。 41歳。

おはる
おはる

大統領が死んだら、まずは内乱やクーデターがあってるんじゃない?少数意見ってどういうこと?

ペコム
ペコム

民主主義の基本は国民なんだけど、大統領が国民の意志を聞かず独裁をするなら、国民に対してはそれを拒否する権利があるっていう意見だったんだよね。「拒否することが出来る権利」って言えばいいかな?

パク·フンジュ大佐は死ぬ前に監獄の壁に、司馬遷の史記の中で “士為知己者死” という一節を書いておいたという。 “女は愛する人のために身を捧げ、男は自分を認めてくれる人のために命を捧げる”

1980年 朴フンジュ大佐の2人の娘が「私たちのお父さんを助けて下さい」と書いた旗を持って泣いている様子
出典:역사신문

おはる
おはる

なんか、悲しいけど、ロマンチックだね。

ペコム
ペコム

金載圭部長と部下たちの義理は、お互いにすごかったっていうね。でもどこか、虚しい死…。

その後、光州民主化運動の真っ最中だった1980年5月20日、二審で残りの加担者全員に対する最終死刑判決、上告は棄却。 4日目の5月24日、金載圭、朴ソンホ、李ギジュ、柳成玉、金兌原は絞首刑執行。 金載圭54歳、朴ソンホ46歳。

共謀者という議論があった秘書室長の金桂元だけが減刑、その後、釈放され、共に疑われていた鄭承和参謀総長は軍事裁判で「内乱幇助罪」に問われ、10年の刑の判決とともに二等兵により17階級も降格され強制徐役、その後は収監されていたが、刑の執行停止により釈放された。

내 부하들은 아무런 죄가 없습니다. 그들은 나의 명령에 복종한 죄밖에 없습니다. 과거 일본에서도 부하들에게 죄를 묻지 않은 판례가 있는 것으로 압니다. 나보다는 그들을 위해 열심히 변론해 주십시오. 부탁입니다.

私の部下には何の罪もありません。 彼らは私の命令に服従した罪しかありません。 かつて日本でも、部下に罪を問わなかった判例があると思います。 私よりは彼らのために熱心に弁論してください。 お願いします。

金載圭

金載圭の自分の弁護人へのこの頼みは、結局誰も守ってあげられないまま終わった。

絞首刑執行直前の金載圭の最期の姿 西大門刑務所で亡くなった 
出典:브레이크뉴스  
(※リンクは死刑執行後の写真もあるので、閲覧時は注意してください)

パク·ソンホ(チュ課長)の場合、映画とは異なり、幸い、誠実で家庭的な人物だったという。軍人のパク·フンジュ大佐(ミン大佐)は銃殺刑の直前に “大韓民国万歳” を叫び、金載圭の場合、絞首刑を受ける瞬間までも非常に毅然とした姿だったという。 この悲劇は金載圭の家族にも受け継がれ、夫人と弟は拷問と取り調べに苦しめられることとなり、財産はほとんど没収された。

金載圭は死ぬ前に妻の金ヨンヒに、自分の残った財産で部下家族の面倒を見てほしいと頼み、遺言によって部下家族の教育費と生活費などを一生懸命支援してくれたおかげで、金載圭の部下の子どもたちは無事学業を終えることができたという。

葬儀の朴槿恵の姿とキム·ユナの歌「私たちに明日はない(우리에게 내일은 없다)」が流れ、映画は終わるが、金載圭は「韓国の明日」について語った。

국민 여러분! 자유민주주의를 마음껏 누리십시오! 저는 다시 돌아갑니다.
国民の皆様!自由民主主義を存分に享受してください! 僕はまた戻ってきます。

金載圭の法廷での最期の陳述発言より
「国民の皆様!自由民主主義を存分に享受してください! 僕はまた戻ってきます。」 金載圭
出典:영남신문

金載圭の法廷最後の陳述発言のようにすぐには享受出来なかったが、今では十分に享受している韓国人の「自由民主主義」。

「三審では負けたが、四審の歴史の法廷では勝つ」という彼の言葉どおり、今や10·26事件と金載圭部長に対する再評価運動が起こっている。

金載圭は民主主義の闘士なのか、大統領を殺害した内乱陰謀者なのか。

다시듣는 김재규 최후 진술
金載圭(キム·ジェギュ)の法廷最後の陳述全体。 約30分で民主主義義挙を目的としている。

1人のために作られた法律、スイスの銀行口座の秘密

1977年12月、朴正煕政府は非常に変わった法律を制定した。

「反国家行為者の財産没収に関する特別措置法」。

法の名前は非常に長いが、対象はただ “1人” を目標に作られたものだ。金炯旭。

金炯旭のために作られ、金炯旭にだけ適用され、その後消えた法律。

名前の通り、米国に亡命中の金炯旭(キム·ヒョンウク)元情報部長の財産をすべて没収するために作った法律で、朴正熙大統領は、心から金炯旭の財産が目的だったようだ。

金炯旭が “誰か” によって既に消えたとされていた1982年、この法律により金炯旭は懲役7年の刑を言い渡され、韓国に残っていた金炯旭の全ての財産は国家に帰属された。 金炯旭は行方不明になったため、「欠席裁判」の結果。

金炯旭の妻の申英順(シン·ヨンスン)が、米国国税庁に提出した金炯旭財産相続申告書。
死亡場所や原因部分は「UNKNOWN」と記載されている。
出典:조선일보

金炯旭の妻シン·ヨンスンが1990年に上訴権の回復を請求したが裁判所から棄却され、1993年に憲法裁判所の訴願を再請求し1996年に違憲判決を勝ち取った。 そうして返してもらったソウルの土地と林野、株などは、当時の価値で約300億ウォン台。

1人のために作られた法律は1人だけに適用され、19年ぶりになくなったが、私たちが注目すべきは彼の財産規模だ。韓国に残っていた “明るみに出た” 財産だけで300億ウォン。 アメリカに亡命したのに残っているのがこの程度なら、朴正熙が執着するほどの金額だ。

金炯旭はすでに失踪したにも関わらず、韓国政府による「欠席裁判」まで進み、本格的な没収の過程に入ると、アメリカにいた金炯旭の家族は急いでアメリカ内の財産を処分した。

ニュージャージーにあった数十万ドルの住宅2軒と土地、映画館があるショッピングセンター、回顧録の原本を対価に韓国政府と取引した1979年夏に追加購入した数十万ドルの土地など、多くの財産があったが、没収が始まった1982年に急いで売り払ったショッピングセンターの当時売買価格だけでも210万ドル…。 2000年代前半の価値は1500万ドルくらいだから相当な財産があったとみえる。

キム·ヒョンウクが所有した米国ショッピングセンターの09年の姿。
出典:일요신문

かつて中央情報部の部長だったキム·ヒョンウクの財産がこの程度なら、18年間独裁を維持していた「朴正煕の財産はどこに流れたのか」ととても気になるしかない。
それで「南山」と「あの時」の両方が共通して登場するのが朴正煕の「個人金庫」の場面とスイス銀行の秘密口座の話。

外国の借款を横領し、ベトナム戦争参戦軍人の手当ての着服など、多額の裏金の蓄積と個人の「統治資金」の使用については噂だけが多かったが、「コリアゲート」当時、米国下院の報告書に具体的な内容が登場し、その存在自体は既成事実となった。

個人名義と幽霊会社名義のスイス銀行口座がいくつも存在し、別途の管理者もいるという記録とロビイストの朴ドンソンに対する入出金記録など具体的な証拠が多く明らかになったが、10·26事件によって全てが一瞬にして蒸発してしまった。

それを知る唯一の人は 『KCIA 南山の部長たち』 の最後の場面に出てくる捜査指揮官 “全斗煥“。

しかし、全斗煥が政権を取ったために、約30年間忘れられていた朴正熙の秘密資金(裏金)は、2012年の大統領選挙候補のテレビ討論に登場し、全国民に知らされる。

「朴槿恵候補さえ落ちればいい」と発言する李正姫(イ·ジョンヒ)統合進歩党候補。(2012年)
出典:서울신문

「私は朴槿恵候補を落とすために出馬した」と出馬宣言をした第3野党の統合進歩党の李正姫(イ·ジョンヒ/이정희)候補が、朴槿恵の痛いところを隅々まで突いたのだ。

朴正熙大統領の名前は「高木正雄」、「日本軍将校出身」、「天皇への忠誠誓約」、「南労党加入」から、問題の裏金「全斗煥6億」という別の裏金まで攻撃した。 歴史に関心がなければ、大半が知らなかった朴正熙大統領の恥部たちが、全国民に生放送で暴かれた瞬間。 このとき登場した「全斗煥6億」がまさに朴正煕の金庫のお金だ。

10·26事件当時、朴正熙の個人金庫に現金9億ウォンがあり、保安司令官の全斗煥がそのうち6億ウォンを朴槿恵に生活費として与え、残りの3億ウォンは捜査費に使ったという。

ドラマ『第5共和国(제5공화국)』(2005)で全斗煥が朴槿恵に “例の裏金” を渡すシーン。
出典:고발뉴스

1995年の全斗煥と盧泰愚(ノテウ / 노태우)の秘密資金捜査当時に明らかになったため、否定できなかった朴槿恵は、両親が死亡した朴槿恵兄弟に対する「生活費」と「小遣い」程度だと考えていたと 言い訳をし、6億ウォンは直ちに社会に還元すると明らかにしたが、 この発言を逃さなかった李正姫候補が、当時江南の最高価アパートだった “銀馬アパート” の30軒の金額が生活費なのかと責め立てたことから大きな話題になった討論だ。

ペコム
ペコム

その日1日中、リアルタイム検索ランキング1位が「銀馬アパート価格」だったよ。 2012年基準で200億ウォン程度の価値だから、200億ウォンもらって6億ウォンだけ還元するだって。冗談じゃない!

江南の銀馬アパートの分譲広告「国内最大の威容と快適な環境を誇る銀馬タウンへの入居を心から歓迎します」
出典:오마이뉴스

このほかにも、数多くの朴正熙政権と朴槿恵候補の不正を公開したこの日の討論結果に対する世論はおかしなことに、「李正姫が不作法だ」、「両親を失った朴槿恵がかわいそうだ」であった。 当時、朴槿恵と同じ党の李明博大統領政府のマスコミが作り出した世論操作だった。

相変わらずの「儒教国家」であった韓国で、この戦略は朴正煕を懐かしむ保守層に受け入れられ、そうして朴槿恵は文在寅候補を抑えて第18代大統領に当選した。

第18代大統領選挙の年齢別得票率の比較
朴槿恵(左)と文在寅(右)
出典:일간스포츠

討論当時の怒りを覚えていたのか、朴槿恵政府での法務部は政権初年度の2013年11月、統合進歩党に対する「違憲政党解散審判」を請求し、1年余りの法的攻防の末、2014年12月、憲法裁判所は大韓民国憲政史上初めて政党を解散する決定を下した。 数多くの軍事政権と独裁政権でもなかった大韓民国の民主主義の未曾有の事態。

ペコム
ペコム

朴正熙も全斗煥も、野党だからといって政党自体をなくしたことはなかったよ。今の北朝鮮やロシアも形式上、野党が存在することを考えても、本当にめちゃくちゃな出来事なんだよ。

おはる
おはる

北朝鮮にも野党があるって不思議だね(笑)

所属議員と政党員たちの内乱陰謀及び内乱扇動謀議が問題だったが、統合進歩党は直ちに解散され、所属議員5人全員が議員職喪失・解散審判の直接的理由になったイ·ソクキ議員は拘束され、以後、内乱陰謀罪に対しては無罪、内乱扇動罪及び国家保安法違反の疑いは有罪と判断、懲役9年刑を言い渡された。

憲政史上初の政党解散審判で統合進歩党(統進党)解散を決定。
出典:매일경제

大統領選挙討論に対する個人的報復、民主主義の破壊、憲政秩序の死亡宣告まで叫び、進歩側は激しく政府を非難したが、1980年代に反政府運動勢力が主要構成員だった統合進歩党側の行為にも問題があるようにも見える。

拘束された李石基(イ·ソッキ)議員と周囲の親北朝鮮関係者を国家情報院(国情院)で3年以上追跡・監視した結果を見ると、実際の発言の中に反政府暴動の準備、国家の主要施設破壊計画に対する討議、爆発物製造法の研究などがあったため、国家保安法違反事項としては十分な内容が多かったのだ。

もちろん、3年間余り彼らを追跡しながら国家情報院が提示したほとんどの証拠物が、不法盗聴と傍受を通じた対話録取録などだったため、証拠物の有効性についての議論は残ったが、韓国の国民の立場では軍事政権以来、かなり久しぶりに見る「従北組織」に関する事件だった。 討論で朴槿恵候補に食って掛かった李正姫議員は政界を引退した。韓国極左派の完全な消滅といわれる事件だ。

中央情報部の名称変化の手順。 中央情報部-国家安全企画部-国家情報院 出典:연합뉴스

本当に大統領選挙討論に対する報復だったのか、実際の内乱陰謀だったのかは分からないが、「国家情報院」は名前だけ変わり、依然として「あの時代」の捜査技法からあまり変わっていないことを示している。

それから2年後の2016年秋、”チェ·スンシル(최순실)” という名前が登場し、朴正煕と朴槿恵の名前はもう1度韓国を襲う。 朴正熙、全斗煥の亡霊は35年が経っても依然として消えていない。

崔淳実(チェ·スンシル、左)、朴槿恵(中)、李明博(右)が一緒に写った写真。
出典:부산일보
タイトルとURLをコピーしました